ファッション業界は、つくる仕事、伝える仕事、売る仕事……
さまざまな職業から成り立っています。
学科・コースごとに組まれた綿密なカリキュラムで、
各職種に求められるスキルを身につけ、あなたの「なりたい」を叶えてください。

MAKEファッションをつくる

企画する、デザインする、カタチに仕上げる。
洋服を生み出すための仕事には その工程や領域に応じた さまざまな職種があります。

  • MD(マーチャンダイザー)
    市場の動向や日々の店舗売上などをもとに数字を分析し、商品ラインナップ、スケジュールの企画、販売戦略、予算など総合的に管理する重要な役割です。
  • グッズデザイナー(帽子・アクセサリー・バッグ・シューズほか)
    服や素材の流行り、ターゲット層などをふまえ、各アイテムの企画・デザインを行います。
  • 縫製
    パターンに基づき、生地を裁断し、各パーツをミシンや手縫いで縫製していきます。ブランドが商品化する前のサンプル縫製や、高級服の仕立て、お直しなどの仕事も。
  • ファッションデザイナー
    洋服のデザインをする専門職です。企画から仕様書の作成、サンプル修正なども行うため素材やパターン、縫製などの専門知識も必要とされます。
  • コスチュームデザイナー
    バレエやダンス、演劇などの舞台や、映画の衣装などの衣服をデザイン、製作します。
  • 生産管理
    商品を量産するにあたり、工場選び・交渉、 縫製仕様書の作成、スケジュール管理など工場への発注から納品までを担当します。効率良く企画通りの商品をつくるための重要なポストです。
  • テキスタイルデザイナー
    アイテムのデザインや機能性を考えながら、 素材となる糸や織り方、染色、加工方法などを決定します。場合によっては素材開発から生地製作まで携わることも。
  • パタンナー
    デザイナーが描くデザイン画をもとに、洋服にするための型紙(パターン)を作成する専門職です。機能性を考慮しながらデザインに合わせたシルエットを表現する力が求められます。

TELLファッションを伝える

ファションの魅力を より多くの人に届けるために。 プレスや企画といったプロモーションのほか、 モデルやスタイリストなど 「見せる」ことで伝える職業もあります。

  • イベント企画
    ファッションショーや展示会をトータルに取り仕切る専門職。予算管理から会場選択、ステージの決定など、ブランドと商品のイメージを的確に伝えるための役割を担います。
  • スタイリスト
    TVや雑誌などの媒体の特性や、ブランドイメージ、商品コンセプトなどを理解し、目的や条件に合ったトータルスタイリングを行います。
  • ファッションモデル
    ブランドや商品のイメージを着装して体現します。外見的な美しさだけでなく、豊かな表現力と、さまざまな場でも対応できるマナーや一般教養も必要です。
  • 編集者(エディター)
    雑誌やウェブマガジンなどの企画と制作、書籍の発行企画などに携わります。流行を的確にとらえながら、読者に情報を伝える企画立案や編集を行います。
  • メイクアップアーティスト
    テーマや服に合わせた、ファッションを表現する際のメイクを担当します。TVや雑誌などのほか、化粧品会社でのビューティアドバイザーとしても活躍することができます。
  • セールスプロモーター
    商品のコンセプトやイメージを把握し、TVや雑誌、ディスプレイなど、さまざまな媒体を用いてキャンペーンや広告を打ち出す販売促進戦略を立案します。これらを効果的に使用しながら実際の運営までを行います。
  • プレス
    ひとつの企業やブランドを代表して、その知名度やイメージアップのための広報戦略を立案し実行します。TVや雑誌などを通じて、より幅広いターゲットに情報を届けます。
  • 営業
    一般的には商品を流通させるための市場を開拓したり、得意先に新たな製品の提案や補充を行い、その活動を通して得た市場ニーズを企業にフィードバックする役割を担います。
  • リテールマーチャンダイザー
    店舗ごとの品揃えや販売促進、販売方法、売場のコーディネートなどをマネジメントします。また、売上の管理など具体的な計数管理を指示することも重要な役割となります。
  • バイヤー
    メーカーでは素材の、小売業では商品の仕入れを行います。担当ブランドや店舗のコンセプト、顧客層や流行などの情報を集めて分析し、適材・適量をタイミングよく仕入れます。

SELLファッションを売る

ショップでお客様と直に接する 販売員はもちろんのこと、 ECサイトなど店舗以外での接点も 重要になっています。

  • EC担当
    ウェブサイトのコンテンツ企画、デザイン、管理から、SNSの管理などを担当。ブランドや商品の認知度を高め、販促につなげる重要な役割です。
  • ビジュアルマーチャンダイザー
    店舗ディスプレイを中心に、ショップのコンセプトに基づいた洋服の陳列方法を考えるなど、ショップをビジュアル面でサポートします。別名、ビジュアルコーディネーター。
  • スーパーバイザー
    各店舗に出向き、ファッションアドバイザーなどの販売スタッフに対して、商品の特性や商品をよりよく見せる効果的なディスプレイの仕方、コーディネートや販売ノウハウを指導する専門職です。
  • 販売員
    消費者の好みや目的に応じた商品をおすすめしたり、コーディネート提案や品質、取り扱い方の説明をしながら販売を行います。顧客管理や販売促進に携わることもあります。