発想から制作までの全工程を学びバッグデザインのプロへ。


バッグの専門知識、企画からデザイン、制作技術までを学び、バッグ制作の総合的な技術を身につけます。卒業生による特別講義や企業コラボレーションを通じ、業界とのつながりを深めることも。


授業概要

1年次

デザインから実物制作まで、バッグ制作の工程の基礎を学びます。まずは基本型のバッグの制作を通して、機能や構造を理解し、技術を身につけます。さらにオリジナルデザインのバッグを制作することでデザイン力と応用力を高めます。他にも、専門企業による革や布・附属材料の基礎知識を学ぶ授業や、バッグのデザイン発想、デザイン展開の演習をする授業など多様なカリキュラムが組まれています。

2年次

1年次の基礎的な学びを踏まえて、各自が得意分野の開発をし、さらに専門性を高めます。 より高度なテクニックを用いた作品制作を行いながら、制作バリエーションを広げていき、業界へアピールできる知識と技術を身につけていきます。また、実務に必要なパソコンスキルを習得するグラフィックワークや、デザインを的確に表現するためのバッグデザイン画などを学び、即戦力を身につけます。

時間割の一部紹介

曜/時限 19:20-10:50 211:00-12:30 313:30-15:00 415:10-16:40
バッグⅠ 造形演習
バッグⅠ 服飾造形
ハンディクラフト デッサン
バッグ 色彩論・演習 バッグデザイン画Ⅰ
バッグⅠ バッグⅠ/ バッグデザイン論 自由研究Ⅰ
1年次前期時間割

TOPICS

渋谷リメイクバッグプロジェクト

株式会社そごう・西武、株式会社スーパープランニングとの共同プロジェクトに参加。使用済みの懸垂幕を再利用したバッグのデザインを学生が提案。選ばれたデザインは商品化され、西武渋谷店で販売されました。

Student’s CREATION

木の葉蝶を モチーフにしたリュック

木の葉に擬態する蝶をモチーフに、表はカラフルに、裏はダークカラー1色にして表裏両面で使えるバッグを制作しました。鱗粉に見立てたパーツは、同型のビニールと革を重ねながら1つずつ縫い付けました。膨大な作業で大変でしたが、思い通りの仕上がりになりました。

作者
オウ・テイカさん
バッグデザイン科 2年
台湾出身

主な授業

バッグハンドワークⅠ・Ⅱ
革を手で縫い上げる技法を学びます。財布やペン立てといった小物と、ブリーフケースなどの制作物を通して、パターン、裁断、縫製などのさまざまな技術を身につけます。
バッグデザイン画Ⅰ・Ⅱ
バッグの描き方、構造や形状を表現するためのテクニックを学びます。素材を表現するための画材選び、彩色方法も学び、イメージしたバッグのデザインを的確に表現するための技術を習得します。
バッグⅠ・Ⅱ
テーマごとに基本型のバッグを制作し、応用デザインに発展させていきます。2年次では、より高度な制作テクニックを身につけ、オリジナリティを追求した完成度の高い作品づくりを目指します。

将来の進路

バッグの機能性と構造についての深い理解と実習によって養われた高いスキルは、バッグ問屋やメーカー、アパレルメーカーでのグッズ関連の企画・デザインをはじめ、バッグパタンナー、縫製、サンプル職人などでも大きなニーズがあります。

主な就職先

※ (株)(有)省略

アシザワ/石川/Histoir/エース/エリナ/コニー/センゾー/土屋鞄製造所/革包司博庵/ナース鞄工/ノーベルバ/プリンセストラヤ/マザーハウス/マルショウエンドウ/ヤマニ/吉田ほか

主な職種

学生インタビュー

カリキュラム

ファッション工芸専門課程 バッグデザイン科カリキュラムPDF

BUNKA FASHION COLLEGE SCHOOL GUIDE

2020年度入学案内書はこちら