デザイン発想から企画、制作まで学び、魅力ある帽子のプロへ。


カジュアルハットからパーティーやコレクションなどに用いるヘッドピースまで、幅広い場面でかぶられる帽子の専門的な知識と技術を習得。企業の特別講義やコラボレーションを通じて、製品化までの流れを実践的に学びます。


授業概要

1年次

ファッションのアクセントとなる帽子の制作に必要な基礎力を身につけます。形や素材別に帽子づくりの基礎を幅広く学ぶとともに、アートフラワーやハンディクラフト、アクセサリー、染色演習などの装飾の手法も習得します。また、クロッキーやデザイン画により、デザインの基礎的な表現を学びます。

2年次

1年次で身につけた基礎知識や技術をふまえ、より高度な帽子の制作や表現方法を学んでいきます。素材論やニットグッズでより幅広い帽子の商品知識を身につけるとともに、ファッションマーケティングにより、企業や市場動向に即した企画力やプレゼンテーション能力も養います。

時間割の一部紹介

曜/時限 19:20-10:50 211:00-12:30 313:30-15:00 415:10-16:40
帽子Ⅰb 造形演習 クロッキー
ハンディクラフトⅠ 帽子Ⅰb
アートフラワー
色彩論・演習 ファッションデザイン画 服飾造形
帽子Ⅰa 服装解剖学
1年次前期時間割

TOPICS

奈良ファッションショー「あたらよ」ヘッドピース制作

2018年、奈良県からの依頼により、アパレルデザイン科3年生の企画の元、相互に打ち合わせを重ね、革や布、ビーズなどのさまざまな素材を駆使してヘッドピースをデザイン制作しました。

Student’s CREATION

皮革の特性を活かした サファリ帽

東京製革産業地振興会から提供していただいた豚革で帽子を制作。動物の骨や脚の形、足あとなどからインスピレーションを受け、デザインをしました。

作者
ジョン・セヒョンさん
帽子・ジュエリーデザイン科 3年
韓国出身

主な授業

アートフラワー
布の染色や糊入れをしてコテで花びらや葉の形を創り、コサージュなどに仕上げます。布の種類による発色の違いや、立体的な装飾効果を学びます。
ファッショングッズデザイン画Ⅰ・Ⅱ
体の部位とのバランスをとらえ、素材感やディテールの表現技法を学び、アイデアを表現します。2年次には、即戦力として使えるデザイン画の描き方を習得し、ポートフォリオの作成にも取り組みます。
帽子Ⅰ・Ⅱ
平面パターンの展開から立体造形技術までを習得。商品価値のある帽子のパターン制作や縫製の技術を学ぶとともに、デザイン力も身につけます。さらに帽子の原型になるチップの制作や特殊素材を扱うことでオリジナリティの高い帽子を探究していきます。

将来の進路

帽子に特化した専門性の高い就職が可能です。帽子デザイナーや製作などの専門職のほか、アクセサリーグッズなどの分野からもニーズがあります。また、作家や講師として活動する選択肢もあります。

主な就職先

※ (株)(有)省略、新設学科のため 2018年度 帽子・ジュエリーデザイン科実績

A STORY TOKYO/ウィーブトシ/エクミス/カミラフカ/キャセリーニ/貴和製作所/栗原/桑山/サンライズ・インターナショナル/シマダ/ナカシマ/ノブコイシカワ/堀溝商店/マキシン/ワンズワードほか

主な職種

学生インタビュー

BUNKA FASHION COLLEGE SCHOOL GUIDE

2020年度入学案内書はこちら