染色・織・プリント… テキスタイルのすべてを学ぶ。


デザイン、原料、加工、技法など、テキスタイルのあらゆる専門知識を習得。服づくりの技術も併せて学ぶことで、テキスタイルの重要性を理解します。企業コラボレーションやコンテストにも積極的に取り組みます。


授業概要

1年次

各種染色と基本的な織りの専門的知識・技術を実習で学びます。服の構成や身体と布の関係についても、制作実習を通して理解を進めます。美的感性・デザイン発想とその表現能力も養い、テキスタイルの各種原料や組織・加工方法とデザインの関係についての理解を徐々に深めます。

2年次

さまざまな機器を用いた制作演習を通して、テキスタイル制作の各工程・技法を本格的に掘り下げます。織り柄・プリント柄など、テキスタイル独自のデザインを学習。さらには、トレンド素材やファッション動向などをふまえた商品企画の演習を行います。

3年次

業界での実務に即し、生産工程や生産コスト、販路まで考慮に入れたプランニングをシミュレートします。同時に、学生一人ひとりがオリジナル作品を制作。商品としての目的を定めたオリジナルテキスタイルを企画し、各自の方向性を絞り込んだ技術を駆使して制作を進めることで、専門的応用力と創造性を強化します。

時間割の一部紹介

曜/時限 19:20-10:50 211:00-12:30 313:30-15:00 415:10-16:40
グラフィックワーク デッサン 服飾造形Ⅰ
染色演習 ファッションビジネス概論 服飾手芸
A:ドレーピングⅠ/ B:テキスタイルクリエイションⅠ
ウィービング基礎演習 ファッションデザイン画Ⅰ アパレル素材論
西洋服装史 色彩論・演習Ⅰ 自由研究Ⅰ/ キャリア開発Ⅰ
1年次前期時間割(A・Bは隔週交代授業)

TOPICS

バッグ用テキスタイルをデザイン、AEON:パンドラハウスで発売!

イオンリテール株式会社の手芸専門店パンドラハウスとの商品化コラボレーション。バッグなどに用いられるテキスタイルを学生が提案。選ばれたデザインは商品化され、全国のパンドラハウスで販売されます。

Student’s CREATION

生地・染色・縫製まで すべて自分の手で

「テキスタイルクリエーション」の授業では、自分でつくったテキスタイルを活かした服を制作。「動物と妖精の世界をつなぐレスキュー隊」をテーマにファンシーな服をつくりました。ダンボールニットの特性を活かしたボリュームのあるシルエットが自慢です。

作者
黒米紀菜さん
ファッションテキスタイル科 3年
埼玉県・新座総合技術高等学校 卒

主な授業

プリントデザイン演習Ⅰ・Ⅱ
シルクスクリーンからコンピュータを使用したデジタルプリントまで、各種技法を使い、服地としてのプリント生地のデザインと制作演習を行います。柄のデザイン性と各素材に最適な技法を活用できる能力を養います。
ウィービング基礎演習・デザイン演習Ⅰ・Ⅱ
基礎演習では手織り機を使用し、基本的な織物の技法と知識を学びます。さらに、実際の生産現場で用いられている自動織機を使用した制作演習までを行います。
 染色演習
糸や布を染める際の基本知識と技術を、実験、実習を通して習得し、特性を把握します。特に素材と染料、加工法の相性や発色などの効果を理解し、求める色や風合い、デザインを実現させる能力を養います。

将来の進路

ファッションには欠かすことのできないテキスタイル。デザインから、原料や加工、技法まで、その専門知識と技術は、生地メーカー、繊維商社、テキスタイル企画会社、アパレルメーカーからも求められており、専門職として大きな活躍が期待されます。

主な就職先

※ (株)(有)省略

アッシュ・ペー・フランス/アンビデックス/イッセイミヤケ/イトキン/内田染工/奥田染工場/佐藤繊維/澤井織物工場/第一織物/西和テキスタイルプリント/福田織物/古橋織布/メルローズほか

主な職種

学生インタビュー

カリキュラム

ファッション工芸専門課程 ファッションテキスタイル科 カリキュラムPDF

BUNKA FASHION COLLEGE SCHOOL GUIDE

2020年度入学案内書はこちら