アパレルで求められる高度なパターンメーキング技術を。


アパレル業界におけるプロのパタンナーに必要な技術を、最先端のマシンを駆使しながら習得します。パタンナーはもちろん、商品の企画生産や縫製など幅広いジャンルで活躍できます。


授業概要

2年次

平面と立体の両方からパターンメーキング力を養います。1年次での総合的な知識と技術を発展させ、工業パターンへの展開、的確なグレーディング、素材や仕様を考慮した縫製テクニックなどを身につけます。同時に、サンプルメーキングと量産技術実習を行い、既製服生産の体系と実務を体験。生産合理性や品質確保などの諸要素についても学びます。さらに、商品企画から生産に至る流れをさまざまな視点から認識する科目も履修します。

3年次

素材やデザインディテールに対応しながら、モデリングと工業パターンメーキング能力を高めます。量産体制での生産技術実習を通して、既製服としての品質や合理性を意識したパターン修正、縫製方法や手順なども追求。さらに、縫製研究、企画・デザイン研究、工場生産研究の選択授業で、パターンメーカーとしてのレベル向上と仕事の幅を広げます。パターンメーキング検定試験には毎年多くの学生が合格しており、就職を有利にしています。

時間割の一部紹介

曜/時限 19:20-10:50 211:00-12:30 313:30-15:00 415:10-16:40
CADパターンメーキングⅠ パターンメーキングⅠ 英会話Ⅰ/ フランス語Ⅰ/中国語Ⅰ パターンメーキングⅠ
パターンメーキングⅠ ファッションビジネス論Ⅰ ファッションデザイン画Ⅱ パターンメーキングⅠ
パターンメーキングⅠ アパレル素材論Ⅱ
パターンメーキングⅠ A:パターンメーキングⅠ B:グレ-ディング キャリア開発Ⅱ パターンメーキングⅠ
パターンメーキングⅠ 生産管理概論
2年次前期時間割(A・Bは隔週交代授業)

TOPICS

ファッションコンテスト技術部門で賞を独占!

文化服装学院ファッションコンテスト2018で、技術とクリエーションを競う”技術部門トワリスト”で、アパレル技術科学生の3作品が大賞・佳作を受賞しました。

Student’s CREATION

大きなポケットが目を引く レザーのロングコート

レザーを扱う課題で制作したロングコート。アシンメトリーでオーバーサイズにすることでワイルドな美しさを追求しました。大きな衿とポケットがデザインのポイントです。厚くて硬い牛革をミシンで縫うのはほんとに大変でしたが、制作の幅を広げることができました。

作者
リ・エンエンさん
アパレル技術科 3年
中国出身

主な授業

CADパターンメーキングⅠ・Ⅱ
アパレルCADを利用したパターンメーキングの手法と展開方法を学び、工業設計の流れを理解します。量産技術実習科目と併せて、アパレル全体の生産システムについて学んでいきます。
量産技術実習Ⅰ・Ⅱ
サンプルメーキングから、裁断工程、縫製、検品までの流れを、生産機器を使用しながらグループごとの分業で実習。アパレル産業の生産プロセスに基き、製品の量産に必要な組織活動について学習します。
パターンメーキング論・演習Ⅰ・II
平面裁断から工業用ボディによる立体裁断、パターンメーキングまでを理論的に学びます。量産されるアパレル商品を意識した工業用パターンメーキングの理解、グレーディング、縫製仕様、縫製法について習得します。

将来の進路

アパレル企業で求められる高度で専門性の高いパターンメーキングの知識やテクニックの習得から、技術職であるパタンナーでの就職が大半を占めています。また、関連する縫製や生産管理(商品管理)といった職種での活躍も見られます。

主な就職先

※ (株)(有)省略

アパレルテクニカルラボラトリー/イッセイミヤケ/エイ・ネット/オサレカンパニー/ゴールドウイン/三陽商会/バロックジャパンリミテッド/ヨウジヤマモト/ルックホールディングス/レナウン/ワコールほか

(株)エイ・ネット

パタンナー

内山 菜摘さん

デサントジャパン(株)

パタンナー

岡田 亮さん



主な職種

学生インタビュー

カリキュラム

ファッション工科専門課程 アパレル技術科 カリキュラムPDF

BUNKA FASHION COLLEGE SCHOOL GUIDE

2020年度入学案内書はこちら