アパレル企画・デザイン・生産の基礎を固める。


専門知識と技術の基礎を幅広く学び、2年次の進級につなげます。マスプロダクションとしての服づくりの基礎技術の習得と、ファッションに求められる創造力や感性を磨きます。


授業概要

2年次以降の進級に向けて、ファッションの基礎を学びます。平面作図によるパターン制作を中心に、人体構造・デザイン発想・作図法・縫製技術などを学ぶ服装造形、衣服の歴史を学ぶ西洋服装史、デザイン力を育成するデザイン画、素材の重要性を学ぶ素材論、ファッションビジネスの概要を学ぶファッションビジネス概論、人体と衣服の関係を理解する服装解剖学など、基礎的な知識や技術を幅広く習得。また、進路を考える動機づけとして、第一線で活躍する業界人による特別講義も。さらに、1年次よりキャリア教育を導入し、社会的、職業的自立に向けて人間力を育む教育を行います。

時間割の一部紹介

曜/時限 19:20-10:50 211:00-12:30 313:30-15:00 415:10-16:40
西洋服装史 ファッションデザイン画Ⅰ 服飾デザイン論Ⅰ
服装造形Ⅰ A:服装造形Ⅰ
B:クロッキー
服装造形Ⅰ
服飾手芸Ⅰ アパレル素材論Ⅰ
服装造形Ⅰ
服装造形Ⅰ
前期時間割(A・Bは隔週交代授業)

TOPICS

入学して、初めての作品展示!
(スカートⅠ・シャツブラウス)

素材の選び方、デザイン、作図、縫い代付きパターン、縫製を基礎から学び、制作しました。エントランスロビーに展示した個性あふれる作品の数々に、たくさんの人が足を止めて見学してくれました。

Student’s CREATION

生地の魅力を生かしたい! 工夫を凝らしたデザインの一着に

学内の布屋さんで一目惚れして選んだイエローのタータンチェック生地。しかしスーツをつくるには足らず、再入荷もないとのことで、まずスカートを、そして残布を部分的に取り入れながらジャケットもデザインしました。黒のレース生地で下半身にボリュームと動きを加えています。

作者
福井 真綾さん
ファッション工科基礎科
兵庫県・青雲高等学校 卒

主な授業

服装造形Ⅰ
シャツやスカート、パンツ、ジャケット、ワンピースなどのアイテム制作を通して、服づくりの基礎となる服の構造、デザイン表現、作図方法、素材の扱い方、縫製方法について学びます。
ファッションビジネス概論
ファッションビジネスの変遷から、 ファッション産業の構造、業種、業態、専門業務について把握し、現状を知ることで職種選択のための理解を深めます。
量産技術概論・実習
ファッション 学校 実習
縫製工場で使われる工業用ミシンやアイロンなど、プロ仕様の機器を使っての実習。合理的かつ効率的な方法による生産を体験し、さまざまな服づくりへの関心を高めます。

カリキュラム(シラバス)

ファッション工科専門課程 ファッション工科基礎科 カリキュラムファッション 学校 カリキュラム PDF

掲載内容は前年度のカリキュラム内容です。入学年度の一部科目内容は変更になる可能性もありますので予めご了承頂き、参照ください。

学生インタビュー

学生インタビュー動画

ファッション工科基礎科 学生制作作品・動画ギャラリー

ファッション 学校 入学案内

BUNKA FASHION COLLEGE SCHOOL GUIDE

入学案内書はこちら