アパレル企画・デザイン・生産の基礎を固める。


専門知識と技術の基礎を幅広く学び、2年次の進級につなげます。マスプロダクションとしての服づくりの基礎技術の習得と、ファッションに求められる創造力や感性を磨きます。


授業概要

2年次以降の進級に向けて、ファッションの基礎を学びます。平面作図によるパターン制作を中心に、人体構造・デザイン発想・作図法・縫製技術などを学ぶ服装造形、衣服の歴史を学ぶ西洋服装史、デザイン力を育成するデザイン画、素材の重要性を学ぶ素材論、ファッションビジネスの概要を学ぶファッションビジネス概論、人体と衣服の関係を理解する服装解剖学など、基礎的な知識や技術を幅広く習得。また、進路を考える動機づけとして、第一線で活躍する業界人による特別講義も。さらに、1年次よりキャリア教育を導入し、社会的、職業的自立に向けて人間力を育む教育を行います。

時間割の一部紹介

曜/時限 19:20-10:50 211:00-12:30 313:30-15:00 415:10-16:40
服装造形Ⅰ A:服飾手芸Ⅰ B:服装造形Ⅰ 服装造形Ⅰ
服装造形Ⅰ ファッションデザイン画Ⅰ 服装造形Ⅰ
A:クロッキー B:服装造形Ⅰ 服装造形Ⅰ
服装造形Ⅰ A:ファッションビジネス概論B:服装造形Ⅰ アパレル素材論Ⅰ 服装造形Ⅰ
服飾デザイン論Ⅰ 西洋服装史 量産技術概論・実習 英会話(自由選択)
前期時間割(A・Bは隔週交代授業)

TOPICS

企業コラボによる子どものための安全服を制作

「ファッション+αでの社会貢献」をテーマにニッセンケン品質評価センターとコラボレーション。高視認性の機能素材を自由に組み合わせ「子ども・児童が着たくなる安全服」の企画・デザイン・制作・発表までを行いました。

Student’s CREATION

斬新で個性的な 「顔」ジャケット

ピカソから着想を広げてジャケットとスカートで「顔」を表現。ユニークなラインにしたジャケットの前端部分の縫製や、リップ型のバッグが歪まないよう縫い付けたスカートなど、苦労もいっぱいだったけど、ユニークで個性的な作品に仕上げることができました。

作者
岡林里奈さん
ファッション工科基礎科
高知県・高知丸の内高等学校 卒

主な授業

ファッションビジネス概論
ファッションビジネスの変遷から、 ファッション産業の構造、業種、業態、専門業務について把握し、現状を知ることで職種選択のための理解を深めます。
量産技術概論・実習
縫製工場で使われる工業用ミシンやアイロンなど、プロ仕様の機器を使っての実習。合理的かつ効率的な方法による生産を体験し、さまざまな服づくりへの関心を高めます。
服装造型Ⅰ
シャツやスカート、パンツ、ジャケット、ワンピースなどのアイテム制作を通して、服づくりの基礎となる服の構造、デザイン表現、作図方法、素材の扱い方、縫製方法について学びます。

学生インタビュー

カリキュラム

ファッション工科専門課程 ファッション工科基礎科 カリキュラムPDF

BUNKA FASHION COLLEGE SCHOOL GUIDE

2020年度入学案内書はこちら