豊富なカリキュラムと現場体験で即戦力となる人材を育成。


ファッションビジネス、アパレル商品論・演習、ファッションコーディネートの3つの専門科目を主軸に、ファッションの魅力を伝え、商品を流通させるための基礎知識を習得します。


授業概要

2年次の専門コースへの進級をふまえ、流通分野に必要な基礎知識を学びます。ファッション産業の構造や流れ、商品を知るための服づくりや素材特性の理解、色やコーディネートといった表現力を養うための学びを中心に、ファッションの歴史からトレンド情報、街やショップのリサーチを通しての情報収集・分析、企画提案・プレゼンテーション力を培います。これらの学習を通して、ファッションビジネス能力検定、ファッション色彩能力検定などの資格取得にもチャレンジします。

時間割の一部紹介

曜/時限 19:20-10:50 211:00-12:30 313:30-15:00 415:10-16:40
コンピュータワーク ファッションデザイン画 アパレル商品論・演習 自由選択(語学)
キャリア開発 マーケットリサーチ ファッションビジネス アパレル商品論・演習
ファッション色彩 アパレル商品論・演習
アパレル商品論・演習 ファッションコーディネート アパレル素材論
ファッション史 アパレル商品論・演習 特別講義Ⅰ
前期時間割

TOPICS

特別講義・クラス de Café

就職のための準備や意識向上を目的として、業界で活躍する先輩方から業界の仕組みや業務内容について学び、将来の目標を探ります。

Student’s CREATION

服の「見せ方」をみんなで体感

「アパレル商品論」では、つくった服をベースに既製服と組み合わせ全身をコーディネートし、発表します。パーティスタイルのようなフォーマル組と、スクールガールをイメージしたカジュアル組に分かれて舞台に。「自分らしさ」を服でどう見せるかを学びました。

作者
今村翔太さん
山本昇悟さん
川田乃愛さん
田村日和さん
笠原羽留さん
ファッション流通科 1年

主な授業

ファッションコーディネート
ファッションイメージ、ライフスタイル、アクセサリー、カラーと、各視点ごとのコーディネートについて講義と実習を通して学びます。さらに、プレゼンテーションを通して、伝える力を養います。
ファッションビジネス
産業の歴史や構造、ファッションビジネスに関する基礎を学びながら、ファッションビジネス能力検定3級の取得を目標に学習。また、企画における情報活用法なども学びます。
アパレル商品論・演習
基本アイテムの制作を通して、「商品」としての服の構造や素材、取り扱い、サイズ等についての理解を深めます。制作アイテムはショー形式で発表、スタイリングまでを体験します。

学生インタビュー

カリキュラム

ファッション流通専門課程 ファッション流通科 カリキュラムPDF

BUNKA FASHION COLLEGE SCHOOL GUIDE

2020年度入学案内書はこちら