閉じる

卒業後の進路

服飾・アパレル・ファッションを「作る」
服飾・アパレル・ファッションを「伝える」
服飾・アパレル・ファッションを「売る」
マーチャンダイザー
高度な分析力で戦略を立て、ブランドやショップを成長に導く
グッズデザイナー
「デザイン性×機能性」を実現する、技術・知識とセンスがカギ
ファッションデザイナー
センスと表現力を武器に、ファッションシーンに新たな風を
パタンナー
的確なパターンメーキングで、デザイン画を「服」というカタチへ
サンプルメーカー(縫製)
高い縫製技術で、どんな服も実際の形に作り上げる
生産管理
確かな知識を質のよい既製服につなげ、装う楽しみを多くの人へ
品質管理
品質への徹底したこだわりで、企業・ブランドの「信頼」をつくる
テキスタイルデザイナー
生地づくりの豊富な知識と技術で、服やアイテムの完成度を高める

閉じる

バイヤー
先見性と選択眼で、「時代をつくる」アイテムをセレクト
スタイリスト
作品の世界観をファッションで表現し、その魅力を高める
メイクアップアーティスト
ファッションと表情とを調和させ、対象者をより魅力的に
ファッションモデル
美しいプロポーションと表現力で服を着こなし、流行をリード
広報・プレス
スキルと人脈を駆使し、企業・ブランドの魅力を多くの人に伝える
営業
商品流通の場と機会を増やし、企業の成長にダイレクトに関わる

閉じる

VMD
センス良く効果的な演出で、ショップ・ブランドの魅力をアピール
販売
センスとコーディネート力で、「納得のお買いもの体験」を提供

閉じる

的確なパターンメイキングで、デザイン画を服というカタチへ

パタンナーとは(pattern maker)

パタンナー1デザイナーが描いたデザイン画を服にするための型紙(パターン)を起こします。デザイン意図を的確に表現したシルエットと、体の動きに沿う機能性を兼ね備えたパターンメーキングを行うためには、豊富な経験に基づく高度な技術はもちろん、人体の構造や、生地・素材・糸・付属品などの特性に関する知識が求められます。

パタンナーはこんな仕事です

パタンナー2平面素材であるデザイン画を読み解き、シルエットの美しさや着心地を考えながらダーツや縫い代を盛り込んでパターンを引いていきます。平面作図と立体裁断を組み合わせてファーストパターン、セカンドパターンとブラッシュアップしながら制作を進め、トワルで仮縫いした形に細かな調整を加えて最終的なパターンを完成させます。
パターンメーキングについては、最近はアパレルCADを使って作業を行うケースが多く、サイズ展開などもパタンナーが行います。

この仕事のやりがい

パタンナー3デザイナーのイメージを服として具現化する、重要な役割を担っています。最終的な製品の質はパタンナーの「腕」で決まるといっても過言ではないため、ファッション業界でとても重視される存在です。

パタンナーになるには、こういうことを学びます

パタンナー4平面作図と立体裁断のどちらにも対応できるよう、パターンについて幅広く知識と技術を習得します。機能的で美しいパターンを引くためには、人体の動きについて理解していることも重要です。また、現在はCAD(コンピューターによるパターンメーキング)による技術も必須となっています。

パタンナーが学べる学科

PAGE TOP