閉じる

卒業後の進路

服飾・アパレル・ファッションを「作る」
服飾・アパレル・ファッションを「伝える」
服飾・アパレル・ファッションを「売る」
マーチャンダイザー
高度な分析力で戦略を立て、ブランドやショップを成長に導く
グッズデザイナー
「デザイン性×機能性」を実現する、技術・知識とセンスがカギ
ファッションデザイナー
センスと表現力を武器に、ファッションシーンに新たな風を
パタンナー
的確なパターンメーキングで、デザイン画を「服」というカタチへ
サンプルメーカー(縫製)
高い縫製技術で、どんな服も実際の形に作り上げる
生産管理
確かな知識を質のよい既製服につなげ、装う楽しみを多くの人へ
品質管理
品質への徹底したこだわりで、企業・ブランドの「信頼」をつくる
テキスタイルデザイナー
生地づくりの豊富な知識と技術で、服やアイテムの完成度を高める

閉じる

バイヤー
先見性と選択眼で、「時代をつくる」アイテムをセレクト
スタイリスト
作品の世界観をファッションで表現し、その魅力を高める
メイクアップアーティスト
ファッションと表情とを調和させ、対象者をより魅力的に
ファッションモデル
美しいプロポーションと表現力で服を着こなし、流行をリード
広報・プレス
スキルと人脈を駆使し、企業・ブランドの魅力を多くの人に伝える
営業
商品流通の場と機会を増やし、企業の成長にダイレクトに関わる

閉じる

VMD
センス良く効果的な演出で、ショップ・ブランドの魅力をアピール
販売
センスとコーディネート力で、「納得のお買いもの体験」を提供

閉じる

先見性と選択眼で、時代を作るアイテムをセレクト

バイヤーとは(Buyer)

バイヤー1自社のコンセプトやトレンド、顧客ニーズにマッチする商品を見出し、適材・適量をタイミングよく買い付けることが役割。
現在はもちろん、今後の流行にヒットしそうなアイテムをキャッチする感性が求められます。そのため、情報収集力に先見性、市場や自社の販売動向を分析する力、他社が注目していない品の魅力を見抜く選択眼が必要です。

バイヤーはこんな仕事です

バイヤー2各シーズンの仕事は、商品が店頭に並ぶ半年以上前に始まります。まずショップの展開を考え、アイテム構成のアウトラインを描きます。そして予算や在庫枠を踏まえて、アイテムごとの単価・数量・利益率を想定。それらを念頭に置いて調達に入ります。活動のフィールドはワールドワイドに広がります。各地で開催されるコレクションや、アパレル各社が開く展示会などに足を運び、事前に立てた戦略をもとにアイテムの発注をしていきます。

この仕事のやりがい

バイヤー3バイヤーが触れるのは、流行の最先端を行くアイテムたち。自分のアンテナが反応するものを選り抜き、ユーザーに提示します。その中には次のヒット商品も……。自分の感性で流行をつくり出せる仕事です。

バイヤーになるには、こういうことを学びます

バイヤー4販売員を経験し、キャリアアップしてなることが多い職種ですから、まずは販売員になるための基礎知識を学ぶとよいでしょう。また、「売れる服」の仕入れにつながる、基本的な服の構造知識や、顧客層・流行などの情報を集め分析する力をつけておくとステップアップに役立ちます。

バイヤーが学べる学科

PAGE TOP