閉じる

卒業後の進路

服飾・アパレル・ファッションを「作る」
服飾・アパレル・ファッションを「伝える」
服飾・アパレル・ファッションを「売る」
マーチャンダイザー
高度な分析力で戦略を立て、ブランドやショップを成長に導く
グッズデザイナー
「デザイン性×機能性」を実現する、技術・知識とセンスがカギ
ファッションデザイナー
センスと表現力を武器に、ファッションシーンに新たな風を
パタンナー
的確なパターンメーキングで、デザイン画を「服」というカタチへ
サンプルメーカー(縫製)
高い縫製技術で、どんな服も実際の形に作り上げる
生産管理
確かな知識を質のよい既製服につなげ、装う楽しみを多くの人へ
品質管理
品質への徹底したこだわりで、企業・ブランドの「信頼」をつくる
テキスタイルデザイナー
生地づくりの豊富な知識と技術で、服やアイテムの完成度を高める

閉じる

バイヤー
先見性と選択眼で、「時代をつくる」アイテムをセレクト
スタイリスト
作品の世界観をファッションで表現し、その魅力を高める
メイクアップアーティスト
ファッションと表情とを調和させ、対象者をより魅力的に
ファッションモデル
美しいプロポーションと表現力で服を着こなし、流行をリード
広報・プレス
スキルと人脈を駆使し、企業・ブランドの魅力を多くの人に伝える
営業
商品流通の場と機会を増やし、企業の成長にダイレクトに関わる

閉じる

VMD
センス良く効果的な演出で、ショップ・ブランドの魅力をアピール
販売
センスとコーディネート力で、「納得のお買いもの体験」を提供

閉じる

商品流通の場と機会を増やし、企業の成長にダイレクトに関わる

営業とは(Sales)

営業1自社の商品を流通させるマーケットを開拓するほか、得意先に新たなアイテムの提案をしたり売れ筋商品の補充を行い、これらの活動から得た市場のニーズを企業にフィードバックする役割を担います。
行動力と情報収集・分析力のほか、売上げやコストに対する意識、社内外の多くの人と接するコミュニケーションスキルが求められます。

営業はこんな仕事です

営業2販売予算の作成や商品の納品、取引に関する請求書などの書類作成から、展示会等の準備や訪れた顧客の応対、取引先でのトラブル対応など幅広く担当します。小売業に商品を卸す企業では、得意先に取引をしてもらえるよう働きかけることが重要な業務。担当者を展示会に招き、発注してもらうことを目指します。自社のショップで商品を扱う場合は販売状況にスピーディに対応し、在庫をチェックして追加発注を行う仕事を担うこともあります。

この仕事のやりがい

営業3自分ならではの工夫を凝らした得意先への営業活動の結果、自社やブランドへの理解が深まり、受注を獲得した時の達成感は格別なもの。仕事の成果が数字として表れるので、企業の成長や発展に貢献していることが強く感じられます。

営業になるには、こういうことを学びます

営業4商品を流通させるためには、市場を分析する能力が不可欠。したがって、マーケティングやファッションビジネスなどについて学ぶ必要があります。また、企画提案をすることもあるので、服づくりの基本を把握しておくとよいでしょう。

営業・営業企画が学べる学科

PAGE TOP