閉じる

卒業後の進路

服飾・アパレル・ファッションを「作る」
服飾・アパレル・ファッションを「伝える」
服飾・アパレル・ファッションを「売る」
マーチャンダイザー
高度な分析力で戦略を立て、ブランドやショップを成長に導く
グッズデザイナー
「デザイン性×機能性」を実現する、技術・知識とセンスがカギ
ファッションデザイナー
センスと表現力を武器に、ファッションシーンに新たな風を
パタンナー
的確なパターンメーキングで、デザイン画を「服」というカタチへ
サンプルメーカー(縫製)
高い縫製技術で、どんな服も実際の形に作り上げる
生産管理
確かな知識を質のよい既製服につなげ、装う楽しみを多くの人へ
品質管理
品質への徹底したこだわりで、企業・ブランドの「信頼」をつくる
テキスタイルデザイナー
生地づくりの豊富な知識と技術で、服やアイテムの完成度を高める

閉じる

バイヤー
先見性と選択眼で、「時代をつくる」アイテムをセレクト
スタイリスト
作品の世界観をファッションで表現し、その魅力を高める
メイクアップアーティスト
ファッションと表情とを調和させ、対象者をより魅力的に
ファッションモデル
美しいプロポーションと表現力で服を着こなし、流行をリード
広報・プレス
スキルと人脈を駆使し、企業・ブランドの魅力を多くの人に伝える
営業
商品流通の場と機会を増やし、企業の成長にダイレクトに関わる

閉じる

VMD
センス良く効果的な演出で、ショップ・ブランドの魅力をアピール
販売
センスとコーディネート力で、「納得のお買いもの体験」を提供

閉じる

美しいプロポーションと表現力で服を着こなし、流行をリード

ファッションモデルとは(fasion model)

ファッションモデル1ブランドの魅力や個性を消費者に伝えるため、服やファッションアイテムを身につけ、ファッションショーや雑誌、カタログ、広告などに出演します。
スタイルの良さは必須条件。アイテムの魅力を引き出す感性・知性やウォーキングとポージングのスキル、健康や体型を維持する自己管理能力と栄養学の知識、体力や粘り強さも求められます。

ファッションモデルはこんな仕事です

ファッションモデル2仕事の内容は、ファッションショーに出演する「ショーモデル」と、雑誌やカタログなどに登場する「スチールモデル」の2つに大きく分けられます。
ショーモデルを務める際の使命は、ブランドが打ち出す世界観をアピールすること。ランウェイを歩いてデザイナーやディレクターが抱くイメージを自らの体で表現します。スチールモデルではカタログや広告のテーマをカタチにするため、ディレクターやカメラマンの指示に従ってポーズと表情をつくり撮影に臨みます。

この仕事のやりがい

ファッションモデル3モデルは、ファッションや流行に対して大きな影響力を持つ存在。 そのアイテムをどのように着こなすかで、消費者へのアピール度は大きく変わります。「カリスマ」と呼ばれるモデルが身につけたアイテムは爆発的に売れることも。 。

ファッションモデルになるには、こういうことを学びます

ファッションモデル4歩き方や写真を撮る時のポージングなど自分をきれいに見せるための知識を、ウォーキングやヨガの授業などで実際に体を動かして学ぶことが必要。また、スキンケアを含むメイクの基本や、体調を管理するための知識も学んでおくとよいでしょう。

ファッションモデルが学べる学科

PAGE TOP