閉じる

卒業後の進路

服飾・アパレル・ファッションを「作る」
服飾・アパレル・ファッションを「伝える」
服飾・アパレル・ファッションを「売る」
マーチャンダイザー
高度な分析力で戦略を立て、ブランドやショップを成長に導く
グッズデザイナー
「デザイン性×機能性」を実現する、技術・知識とセンスがカギ
ファッションデザイナー
センスと表現力を武器に、ファッションシーンに新たな風を
パタンナー
的確なパターンメーキングで、デザイン画を「服」というカタチへ
サンプルメーカー(縫製)
高い縫製技術で、どんな服も実際の形に作り上げる
生産管理
確かな知識を質のよい既製服につなげ、装う楽しみを多くの人へ
品質管理
品質への徹底したこだわりで、企業・ブランドの「信頼」をつくる
テキスタイルデザイナー
生地づくりの豊富な知識と技術で、服やアイテムの完成度を高める

閉じる

バイヤー
先見性と選択眼で、「時代をつくる」アイテムをセレクト
スタイリスト
作品の世界観をファッションで表現し、その魅力を高める
メイクアップアーティスト
ファッションと表情とを調和させ、対象者をより魅力的に
ファッションモデル
美しいプロポーションと表現力で服を着こなし、流行をリード
広報・プレス
スキルと人脈を駆使し、企業・ブランドの魅力を多くの人に伝える
営業
商品流通の場と機会を増やし、企業の成長にダイレクトに関わる

閉じる

VMD
センス良く効果的な演出で、ショップ・ブランドの魅力をアピール
販売
センスとコーディネート力で、「納得のお買いもの体験」を提供

閉じる

作品の世界観をファッションで表現し、その魅力を高める

スタイリストとは(Stylist)

スタイリスト1ブランドやアイテムのコンセプトを理解した上で、TVや映画、CM、雑誌に出演するモデル、俳優・女優などのファッションをコーディネートします。
ファッション・流行の知識やセンスはもちろん、ディレクターやカメラマンなど多くの人が働く現場で仕事をするため、コミュニケーション力があり細やかな気遣いができることが大切です。

スタイリストはこんな仕事です

スタイリスト2仕事の依頼を受けたら、制作物の狙いや、モデルなどの対象者について把握し、アイテムとブランドをセレクト。そしてメーカーやショップを回り、イメージに合う服や靴、バッグなどの小物を調達します。荷物量が多い時はスタイリストとアシスタント2~3人がチームで動くことも。揃えたアイテムを事前に撮影現場に用意しセットアップしておきます。 フリーのスタイリストの多くはアシスタントからスタートして経験を積んだ後、独立します。

この仕事のやりがい

スタイリスト3自分のセンスやコーディネート力で、作品の魅力を高められる仕事です。制作物のコンセプトや狙いを人物のコーディネートで表現できれば、作品世界に深みを与え、受け手により大きなインパクトをもたらすことができます。

スタイリストになるには、こういうことを学びます

スタイリスト4服のシルエット・素材感・系統などを見極めるために、基本的な服づくりを学んでおくことが大切です。色の組み合わせや、現在から過去にいたるファッショントレンドについての知識も必要となります。また実際にコーディネイトしていくことで、スタイリングのコツを身につけられます。いろいろなスタイリングを雑誌やテレビで見ることも重要。実際の仕事について理解を深めるためには、現場での研修を経験するとよいでしょう。

スタイリストが学べる学科

PAGE TOP