閉じる

卒業後の進路

服飾・アパレル・ファッションを「作る」
服飾・アパレル・ファッションを「伝える」
服飾・アパレル・ファッションを「売る」
マーチャンダイザー
高度な分析力で戦略を立て、ブランドやショップを成長に導く
グッズデザイナー
「デザイン性×機能性」を実現する、技術・知識とセンスがカギ
ファッションデザイナー
センスと表現力を武器に、ファッションシーンに新たな風を
パタンナー
的確なパターンメーキングで、デザイン画を「服」というカタチへ
サンプルメーカー(縫製)
高い縫製技術で、どんな服も実際の形に作り上げる
生産管理
確かな知識を質のよい既製服につなげ、装う楽しみを多くの人へ
品質管理
品質への徹底したこだわりで、企業・ブランドの「信頼」をつくる
テキスタイルデザイナー
生地づくりの豊富な知識と技術で、服やアイテムの完成度を高める

閉じる

バイヤー
先見性と選択眼で、「時代をつくる」アイテムをセレクト
スタイリスト
作品の世界観をファッションで表現し、その魅力を高める
メイクアップアーティスト
ファッションと表情とを調和させ、対象者をより魅力的に
ファッションモデル
美しいプロポーションと表現力で服を着こなし、流行をリード
広報・プレス
スキルと人脈を駆使し、企業・ブランドの魅力を多くの人に伝える
営業
商品流通の場と機会を増やし、企業の成長にダイレクトに関わる

閉じる

VMD
センス良く効果的な演出で、ショップ・ブランドの魅力をアピール
販売
センスとコーディネート力で、「納得のお買いもの体験」を提供

閉じる

「デザイン性×機能性」を実現する、技術・知識とセンスがカギ

グッズデザイナーとは(goods designer)

グッズデザイナー1靴やバッグ、帽子、アクセサリーなどのファッショングッズを、トレンドを踏まえて企画・デザインする仕事。製作までを手掛けることもあります。
流行を取り入れる意識やセンスのほか、デザイン性と機能性をバランス良く両立させるスキルが重要。そのため、素材特性への理解とクラフトワークの技術、人間工学の知識も求められます。

グッズデザイナーはこんな仕事です

グッズデザイナー2仕事に取り組む際のポイントは、ものづくりのこだわりと、「魅力的な商品として消費者に評価される」ことへの意識をいつも合わせ持つこと。まず、流行や市場の動きを分析して商品を企画します。次に、デザイン画を描いて色や素材を決め、サンプルを製作。この時、自分のイメージをカタチにするだけではなく、身につけて痛みや違和感はないか、グッズとして使いやすいかも確認します。納得のいく仕上がりになったら、商品製作を工場などに発注します。

この仕事のやりがい

グッズデザイナー3高度な知識と技術が必要とされる専門性の高い職種ですが、その分、「ものづくり」の楽しさとやりがいを満喫することができます。職人のように、特定分野のスキルを極めたい人に向いている仕事です。

グッズデザイナーになるにはこういう事を学びます

グッズデザイナー4グッズデザイナーは、アクセサリーデザイナー、帽子デザイナー、バッグデザイナー、シューズデザイナーなどそれぞれの専門に分かれデザインしていきます。自分がなりたい専門の基本的な知識と技術をしっかりと学びます。機能的であり魅力的な商品を生み出していくためのノウハウは、実際に制作していくなかで身につきます。作った作品の数だけ素材の特性や加工方法など学ぶことができます。

グッズデザイナーが学べる学科

PAGE TOP