閉じる

卒業後の進路

服飾・アパレル・ファッションを「作る」
服飾・アパレル・ファッションを「伝える」
服飾・アパレル・ファッションを「売る」
マーチャンダイザー
高度な分析力で戦略を立て、ブランドやショップを成長に導く
グッズデザイナー
「デザイン性×機能性」を実現する、技術・知識とセンスがカギ
ファッションデザイナー
センスと表現力を武器に、ファッションシーンに新たな風を
パタンナー
的確なパターンメーキングで、デザイン画を「服」というカタチへ
サンプルメーカー(縫製)
高い縫製技術で、どんな服も実際の形に作り上げる
生産管理
確かな知識を質のよい既製服につなげ、装う楽しみを多くの人へ
品質管理
品質への徹底したこだわりで、企業・ブランドの「信頼」をつくる
テキスタイルデザイナー
生地づくりの豊富な知識と技術で、服やアイテムの完成度を高める

閉じる

バイヤー
先見性と選択眼で、「時代をつくる」アイテムをセレクト
スタイリスト
作品の世界観をファッションで表現し、その魅力を高める
メイクアップアーティスト
ファッションと表情とを調和させ、対象者をより魅力的に
ファッションモデル
美しいプロポーションと表現力で服を着こなし、流行をリード
広報・プレス
スキルと人脈を駆使し、企業・ブランドの魅力を多くの人に伝える
営業
商品流通の場と機会を増やし、企業の成長にダイレクトに関わる

閉じる

VMD
センス良く効果的な演出で、ショップ・ブランドの魅力をアピール
販売
センスとコーディネート力で、「納得のお買いもの体験」を提供

閉じる

高い縫製技術で、どんな服も実際の形に作り上げる

サンプルメーカー(縫製)とは(Designer)

サンプルメーカー(縫製)1商品化する前段階の見本(サンプル)を作ります。サンプルを作ることではじめて服として形になります。このサンプルの段階で服として問題が無いかチェックします。
また、サンプルメーカーはコレクションで発表されるよう一点ものやコスチュームを縫う事もあります。どんな素材でも正確に綺麗に縫うためのに、あらゆる素材の特徴、高い縫製技術が必要となります。

サンプルメーカー(縫製)はこんな仕事です

サンプルメーカー(縫製)2サンプルメーカーを目指すのに必要なのは縫ったりする細かい作業が好きな事。服を形にするためには布を裁断することから始まりミシンで縫い(場合によっては手で縫うことも)、ボタンなどの附属品を付けたりと本当に手間と時間がかかります。素材によっては縫うのが難しくなかなか思うようにならない事もあります。縫製方法が色々とあり技術を身につけどんな服を縫うために多くの経験を必要とします。

この仕事のやりがい

サンプルメーカー(縫製)3服を形にするための作業はとても大変ですが、その分出来上がった時の達成感はあります。経験を積み、デザイナーやパタンナーの要望に答え、素晴らしい服を自分で作り上げていくことはとてもやりがいのある仕事だと言えます。

サンプルメーカー(縫製)になるには、こういうことを学びます

サンプルメーカー(縫製)4素材やデザインによる縫い方の違いや、効率よく縫うための順序など、実際に服を縫っていくことで縫製のさまざまなテクニックを身につける必要があります。ミシンでの縫製が基本となりますが、場合によっては手で縫うこともあります。

サンプルメーカー(縫製)が学べる学科

PAGE TOP