閉じる

卒業後の進路

服飾・アパレル・ファッションを「作る」
服飾・アパレル・ファッションを「伝える」
服飾・アパレル・ファッションを「売る」
マーチャンダイザー
高度な分析力で戦略を立て、ブランドやショップを成長に導く
グッズデザイナー
「デザイン性×機能性」を実現する、技術・知識とセンスがカギ
ファッションデザイナー
センスと表現力を武器に、ファッションシーンに新たな風を
パタンナー
的確なパターンメーキングで、デザイン画を「服」というカタチへ
サンプルメーカー(縫製)
高い縫製技術で、どんな服も実際の形に作り上げる
生産管理
確かな知識を質のよい既製服につなげ、装う楽しみを多くの人へ
品質管理
品質への徹底したこだわりで、企業・ブランドの「信頼」をつくる
テキスタイルデザイナー
生地づくりの豊富な知識と技術で、服やアイテムの完成度を高める

閉じる

バイヤー
先見性と選択眼で、「時代をつくる」アイテムをセレクト
スタイリスト
作品の世界観をファッションで表現し、その魅力を高める
メイクアップアーティスト
ファッションと表情とを調和させ、対象者をより魅力的に
ファッションモデル
美しいプロポーションと表現力で服を着こなし、流行をリード
広報・プレス
スキルと人脈を駆使し、企業・ブランドの魅力を多くの人に伝える
営業
商品流通の場と機会を増やし、企業の成長にダイレクトに関わる

閉じる

VMD
センス良く効果的な演出で、ショップ・ブランドの魅力をアピール
販売
センスとコーディネート力で、「納得のお買いもの体験」を提供

閉じる

ファッションと表情を調和させ、対象者をより魅力的に

メイクアップアーティストとは(make up artist)

メイクアップアーティスト1テレビや映画、雑誌や広告などに出演するタレントやモデルにメイクをしたり、コスメショップでお客さまにメイクアップのアドバイスをする仕事です。
化粧品についての深い理解や最新知識はもちろん、ファッションとの調和や、メイク対象ごとに異なる肌質や骨格を踏まえ、望まれたメイクを完成させる知識と技術、センスが求められます。

メイクアップアーティストはこんな仕事です

メイクアップアーティスト2撮影現場で仕事をする場合、監督や演出家、ディレクターの意図、タレントの役柄、衣装のトーンを踏まえてメイクを施します。コミュニケーションを通じてタレントやモデルの緊張をほぐしたり、ヘアカットやアレンジの担当を求められることも。
ショップでお客さまに対応する場合は、なりたいイメージやニーズをしっかり聞き取ったうえで、プロフェッショナルとして肌質や骨格などの条件を考えた的確なアドバイスをしながら、コスメアイテムを提案します。

この仕事のやりがい

メイクアップアーティスト3技術と知識をメイク対象者に提供してその魅力を高めるほか、本人や周囲も気づかなかった新たな表情をも引き出せることがこの仕事の面白さ。対象者が喜ぶシーンに立ち会って、自分のスキルが役立っていると実感することも多いでしょう。

メイクアップアーティストになるには、こういうことを学びます

メイクアップアーティスト4基礎から応用まで、メイクの知識と技術を習得します。ファッションコーディネイトやヘアスタイル、メイクアップ、撮影などを総合的に学び、感性を磨くことで表現の幅が広がります。

メイクアップアーティストが学べる学科

PAGE TOP