閉じる

卒業後の進路

服飾・アパレル・ファッションを「作る」
服飾・アパレル・ファッションを「伝える」
服飾・アパレル・ファッションを「売る」
マーチャンダイザー
高度な分析力で戦略を立て、ブランドやショップを成長に導く
グッズデザイナー
「デザイン性×機能性」を実現する、技術・知識とセンスがカギ
ファッションデザイナー
センスと表現力を武器に、ファッションシーンに新たな風を
パタンナー
的確なパターンメーキングで、デザイン画を「服」というカタチへ
サンプルメーカー(縫製)
高い縫製技術で、どんな服も実際の形に作り上げる
生産管理
確かな知識を質のよい既製服につなげ、装う楽しみを多くの人へ
品質管理
品質への徹底したこだわりで、企業・ブランドの「信頼」をつくる
テキスタイルデザイナー
生地づくりの豊富な知識と技術で、服やアイテムの完成度を高める

閉じる

バイヤー
先見性と選択眼で、「時代をつくる」アイテムをセレクト
スタイリスト
作品の世界観をファッションで表現し、その魅力を高める
メイクアップアーティスト
ファッションと表情とを調和させ、対象者をより魅力的に
ファッションモデル
美しいプロポーションと表現力で服を着こなし、流行をリード
広報・プレス
スキルと人脈を駆使し、企業・ブランドの魅力を多くの人に伝える
営業
商品流通の場と機会を増やし、企業の成長にダイレクトに関わる

閉じる

VMD
センス良く効果的な演出で、ショップ・ブランドの魅力をアピール
販売
センスとコーディネート力で、「納得のお買いもの体験」を提供

閉じる

センス良く効果的な演出で、ショップ・ブランドの魅力をアピール

VMDとは(visual merchandiser、ビジュアルマーチャンダイザー)

VMD1店舗全体の空間デザインから、服の展示や並べ方まで考え、ショップをビジュアル面でサポートします。お客さまにとって魅力的で、見やすく・選びやすく・買いやすい売り場をつくることが使命です。
空間やファッションコーディネートに対する美的感覚とセンスに加え、買い手の心理に関する知識と理解が求められます。

VMDはこんな仕事です

VMD2まず、シーズンテーマや商品内容によって、ショップのどこに何を配置するかゾーニングをします。什器(ショップで使う器材)についてもプランニングし、イメージに合ったショーケースやラック、照明などをセレクト。次に、ショップのイメージをつくるVP(Visual Presentation)、各コーナーのアイキャッチとなるPP(Point of Sales Presentation)、商品を並べるIP(Item Presentation)の3つの「場」の役割を踏まえて効果的な商品展示・陳列を行い、視覚面から売り場をつくっていきます。

この仕事のやりがい

VMD3ショップやブランドの個性をアピールし、その魅力やインパクトを高めることができます。また、効果的な演出によって商品自体の吸引力を高め、お客さまの「欲しい・買いたい」気持ちに火をつけて、売上アップに貢献することができます。

VMDになるには、こういうことを学びます

VMD4店舗全体の空間をデザインするため、「ビジュアルマーチャンダイジング」という店舗をディスプレイするための方法を学びます。またコーディネイトや色彩、服の構造なども勉強しておくとよいでしょう。より魅力的な売り場をつくるためには、トレンド収集や分析するスキルも重要です。

ビジュアルマーチャンダイザーが学べる学科

PAGE TOP