ブックタイトルファッション業界お仕事ブック2017

ページ
23/92

このページは ファッション業界お仕事ブック2017 の電子ブックに掲載されている23ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

ファッション業界お仕事ブック2017

FINISH!14ショップに到着!こうして、さまざまな工程を経て商品がショップに納品される。ストックルームに運び込まれた商品は検品を行い、店頭に並べられる。ショップスタッフはファッションアドバイザーとも呼ばれ、商品の魅力を直接お客様に伝える大事な役割。10バイヤーやプレスに向け、展示会を開く新作アイテムのコレクションを並べ、バイヤーやプレスにお披露目する。ブランド側からは、シーズンコンセプトや商品のポイントなどを来場者に説明。また、展示会は商品を買いつけてもらうための大事な商談の場でもある。会場は社内に設けたり、場所を借りることも。展示会に向け、09ビジュアルを作成新作アイテムを発表する展示会の招待状や、モデルに新作アイテムを着せて撮影したルックブックなどを制作。絵型を入れた書類やシーズンテーマの説明リリースを用意するなど、コンセプトが一目でわかるような工夫が必要。13ショップへ納品12サンプルを商品化11バイイングをする08サンプルを仕立てる商品ができあがったら、洋服に問題がないか一つひとつくまなくチェック。その後、各卸し先やショップへ配送するためにタグづけや梱包を行う。納品アイテムや点数など、間違いが起きないように、細心の注意を払って作業を進める。サンプル時の変更箇所をまとめ、使用する布やボタンなども発注し、生産工場に指示を出す。商品完成までのスケジュール進行や予算管理等も行う。商品見本が届いたら、指示通りのものができているかを細かくチェックする。バイヤーは国内外の展示会に出向き、予算に合わせて買いつけをする。買いつけの前には前年の売り上げなどを分析し、どんなアイテムがどれくらい売れるか、予想を立てる。店頭に並んだ姿をイメージしながらバイイングをすることも大切。トワルチェック後に修正を加えたパターンや生地、付属品などの材料を工場や専門業者に送る。その際、素材や縫製などの細かい指示をまとめた縫製仕様書を渡し、工場はそれを見ながらサンプルを仕立てていく。JOB :イラストレーターNAME :高篠裕子PROFILE :たかしのゆうこ/アパレルデザイン科卒業。1983年、東京都生まれ。ジャンルを問わず、イラストのタッチに幅を持たせ作品づくりを行う。「この職業に就いたのは、学生時代に先生に絵を褒められたことがきっかけです。文化服装学院ではファッションに限らずさまざまな分野との出合いがあり、狭かった自分の世界観が一気に広がりました。今でも仕事やプライベートでずっと変わらずつながっている仲間との出会いも宝物です」。FINISH!141312ショップ納品生産ショップスタッフなどディストリビューター生産管理、パタンナー11バイヤーのオーダーバイヤー、営業10展示会営業、プレス09展示会向けビジュアル資料21 From the making to the arrivalBunka Fashion College