ブックタイトルファッション業界お仕事ブック2017

ページ
30/92

このページは ファッション業界お仕事ブック2017 の電子ブックに掲載されている30ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

ファッション業界お仕事ブック2017

IDEA SOURCEデザイン資料をストック定期的に文化服装学院の図書館などに行き、気になった模様や刺?柄をファイリング。「昔の技法や模様からインスピレーションを得て、どうやってオリジナルに仕上げるかを考えています」。人それぞれでいい。クラシックな模が手がけた服をどう受け止めるかは、服をつくっている」とも言う。「自分く続けるために、幅広い人に向けてまた、木村さんは「ブランドを長法かもしれませんね」デザインを考えるのは、男性的な手クを使っています。生地や技術から手の込んだファブリックやテクニッ「ほかのブランドには真似できない、木村さんは服をデザインしている。着る人の年齢や好みにとらわれず、て定めていません」しかも、服を届ける人の年齢をあえ少し意識しますが、価格帯は高め。イナーかもしれません。トレンドは「僕は今の時代に即していないデザインを考案している。的な装飾技術を現在に応用したデザは、後者だ。昔の生地や模様、伝統ロキトのデザイナー木村晶彦さんインを固めていくタイプ。ど細かな仕様から入り、全体のデザそれとは反対に、生地や装飾技術なかな仕様に落とし込んでいくタイプ。服の全体像をイメージしてから、細きく分けるとふたつのタイプがいる。ファッションデザイナーには、大ブ手ラのン込ドんのだ歴服史づをく築りくで。服に施す刺?イメージを手描きで練るくのだろう。後もブランドの歴史を積み重ねていアップできる高いデザイン力が、今た。緻密なクオリティをブラッシュトは幅広い層からの支持を集めてきテールを追求し続けたことで、ロキ生地、模様、フォルムなど、ディしています」。る。ロキトもそんなブランドを目指を包括できるだけのデザイン力があいるブランドには、幅広い人の好みそして、長い間、最前線で活躍して印象や視点は人によって違います。ことがあります。デザインに対するには新しくてかわいいと感じられるは懐かしく感じられるけど、若い人様や生地を使った服は、高齢の方にCreate 02BRAND :LOKITHONAME :木村晶彦PROFILE :デザイナー11.使用する糸の色を見ながら、刺?の原案を考える。2. 2016年春夏コレクションに発表したハチドリの刺?柄レースワンピース。女優・モデルの本田翼さんが、第13回香港アジアン映画祭の舞台挨拶で着用していた。ロキト/ 2010年ブランド設立。2011年には、東京新人デザイナーファッション大賞に入賞。ブランドコンセプトは“For wittywomen”(精神的に成熟した女性のための洋服)。日本の技術力を活かしたエレガントなコレクションで注目を集めている。2きむらあきひこ/アパレルデザイン科卒業。1979年、京都府生まれ。大学卒業後、文化服装学院に入学。在学中、第78回装苑賞・イトキン賞を受賞。卒業後、G.V.G.V.でMUG氏に師事。30歳を機にブランドをスタートさせた。Bunka Fashion College 1. Create28