ブックタイトルファッション業界お仕事ブック2017

ページ
35/92

このページは ファッション業界お仕事ブック2017 の電子ブックに掲載されている35ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

ファッション業界お仕事ブック2017

れる紳士服業界。今まで触れたことくったものに対するダイレクトな反伝統工芸とも言える技術が伝承さメインに展開してきたが、自分のついだった。に就職したことがテーラーとの出合年間はブランドからの外注の仕事を10生と共にキリンテーラーを設立。に、テーラーの老舗、壹番館洋服店独立を決意し、一緒に入社した同級なかった。仲の良かった同級生と共3年間、壹番館洋服店に勤めた後、テーラーの専門技術を学んだことはが大きかった」と語る江利角さん。Create 07PROFILE :テーラーCOMPANY :KIRINTAILORSNAME :江利角卓也キリンテーラー/自由が丘に店舗、目黒にアトリエを構え、スーツとカジュアルウエアのオーダーメイドなどを行う。トラディショナルメンズテーラーリングを軸に、シンプルで洗練された大人をイメージ。テーラーが常駐し細かな相談にも応じる。えりかくたくや/服飾専攻科オートクチュール専攻卒業。1979年、福岡県生まれ。壹番館洋服店に3年間勤務した後、独立。自由が丘のKIRINTAILORS SHOPにて接客と製作を担当している。服づくりはひと通り勉強したものの、ばなんとかなることを実感できたの構える江利角さんだが、学生時代には考えず、辞めずにとにかく続けれ今ではテーラーとして自らの店を「厳しい毎日であっても難しいこと必要とされる。たのだという。得られるスーツが大切だと考えていので、ぜひ体験して欲しいです」。ラー独自の技術や、専門的な知識が高く技術の習得を進めることができ江利角さんは男女両方から好感を製品よりも断然着心地良く仕上がる一般的な縫製技術はもちろん、テー自分に合っていて、モチベーションえる窓口になりたいと考えている。ロの細かい採寸と調整が入る。「既すべてをひとりで行うことが多く、るというステップアップの仕組みが人にも仕立て服に興味を持ってもらダーでも、生地はいろいろ選べ、プターン、仮縫い、縫製、仕上げまでになると、次の工程を教えてもらえることでお店の敷居を下げて、若いとで少し低価格になるパターンオーう専門職のこと。採寸に始まり、パが、ひとつの作業工程ができるようンテーラーはカジュアルな内装にすもちろん、既存の型紙を使用するこテーラーとは紳士服の仕立てを行材以外すべて一からの勉強となったいという若者たちが多い昨今、キリは、ハンドメイドのフルオーダーは知若っいて人もたらちうに窓も口仕の立よてう服なを店に。素直に入って行くことができた。素スーツに興味がない、よくわからなね」。相談をしながらつくるスーツな手作業が好きだった江利角さんは前に自由が丘で店舗をオープン。話をお客様から聞くとうれしいですのない世界だったが、もともと細か応を知りたいという思いから、2年る。「女性からスーツを褒められた13MY GOODS21.生地はバンチブックと呼ばれる見本帳から選ぶことができる。ヨーロッパのメーカーなどさまざま。2.オーダーメイドで製作したお客様の型紙。3.採寸、パターン、仮縫い、縫製、ボタンホールなどの仕上げまで、すべて自身で行う。スーツづくりは細かな手縫いの工程がたくさん学生時代から愛用のはさみ裁ちばさみは学生時代からの愛用品。何度も研ぎ直して使っている。アイロンは製造中止になっている旧型のものが使いやすいため、壊れるとオークションで探して購入しているそう。33 1. CreateBunka Fashion College