ブックタイトルファッション業界お仕事ブック2017

ページ
67/92

このページは ファッション業界お仕事ブック2017 の電子ブックに掲載されている67ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

ファッション業界お仕事ブック2017

MY STORYリアリティを伝えることが大事思い出に残っている仕事は?「イッセイミヤケのデザイナー宮前義之さんが初めてパリコレに参加した時に、当日までの舞台裏をリアルタイムでレポートしました。終始ドタバタでしたが、その場にいない人にも現場の空気感が伝わるリアルな情報を発信できたことで、消費者とブランドとの距離を縮める、架け橋のような存在になれたと思います。FASHIONSNAPの可能性も広げることができました」。Communicate 04記者ではないというくらい、WEB媒体てきた。「シェアされないとニュースメディアの持Sつ昨今、NSの普及と共に影響力は大きくなWっEBくることができました」。チベーションとなり、今まで続けてとができる?、そういう気持ちがモ葉ひとつで世の中に影響を与えるこ世界中の人たちに届けられる?〝言ありました。でも、〝自分の言葉を展示会でトレンドをキャッチ!断られ続けて諦めそうになることもするのも一苦労でした。オファーをた。「最初の頃はブランドの取材をまだ少なく、苦労したことも多かっ年。当時はWEBメディア自体がサイトが誕生したのは2005を書くなんてこともありますよ」。もっと元気にしていきたいですね」。情報をキャッチしたら、道端で原稿通して、ファッション業界をもっと生活の一部になっています。最新のと思うんです。FASHIONSNAPをを張り巡らせて情報収集することが架け橋となるのもメディアの仕事だち早く届けるために、常にアンテナを持てるか持てないか。消費者とのす。時事性、社会性の高い情報をいてあまりいないですよね。要は興味べて網羅しているというのが特徴では考えている。「洋服が嫌いな人っに興味のある人が知りたい情報をすり方も変わってきていると小湊さんWEBメディアだ。「ファッションと言われている時代にメディアのあ情報をリアルタイムで発信するそして、ファッションが売れないアートや音楽、イベントなどの最新体になることが目標です」。業界にまつわるニュースを中心に、りするような影響力を与えられる媒FASHIONSNAPはファッションザーに次のアクションを起こさせたフ言ァ葉ッのショ力ンで業界を元気に!そこから議論が生まれたり、ユーにとってす。情報を発S信するだけではなく、NSでの反響は重要でSITE :FASHIONSNAPNAME :小湊千恵美PROFILE :ファッションスナップ/国内外のさまざまなニュースを取り扱う情報サイト。東京のストリートスナップや最新のコレクション情報など、ファッションにまつわるトピックスを主なコンテンツとして、最新情報を日々発信し続けている。131. keisuke kanda 2017AW展示会で新作をチェック。2.ラジオ番組「J-WAVE TOKYO MORNINGRADIO」にゲスト出演。3. 365日絶えずさまざまなニュースが配信されるFASHIONSNAP。4.執筆や記事のアップに欠かせないノートパソコンは小湊さんの必需品。取材時に使用するヴォイスレコーダーも。こみなとちえみ/服装科卒業。1980年、山梨県生まれ。文化服装学院を卒業後、デザイン会社に就職。結婚と出産を経験1し、現職へ。部長という立場でありながら、自身もプレイヤーとして現場に立ち続けている。4 265 3.CommunicateBunka Fashion College