ブックタイトルファッション業界お仕事ブック2017

ページ
76/92

このページは ファッション業界お仕事ブック2017 の電子ブックに掲載されている76ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

ファッション業界お仕事ブック2017

Graduates’Discussionファッション業界で活躍中の同級生座談会ファッションシーンの第一線で活躍している文化服装学院のOB & OGたち。仕事以外でも交流の深い卒業生たちが思い出話を語る!興味深い内容だったな。からファッションを解釈する先生で、か、映画の話とか。いろんな切り口たよね。ファッションの歴史の話と佐藤朝日真先生の授業が楽しかっ小松楽しい授業が多かったよね。あったり、とにかく幅広く学べたよ。アメイクやカメラワークの授業がら、街に出て市場調査をしたり、ヘ佐藤私はスタイリスト科だったかいくことで必死だったな……。する時間も惜しんで、毎日こなしてく課題の量が多くて、寝る間も食事市川アパレルデザイン科はとにか送どっんてない学ま生し生た活かを?学を決めたの。化に親近感と安心感を感じたから入地元の長野県に付属の高校がある文くていろいろ学校を探したんだけど、市川綾子私はデザイナーになりたんだよね。つけて、行ってみようかなと思ったがあったの。雑誌で文化の広告を見イリストっていう職種にすごく興味ション雑誌を見るのが好きで、スタ佐藤里沙私も学生の頃からファッれたのがきっかけかな。院(以下、文化)のことを教えてくなと思っていたら、姉が文化服装学知って、自分もこんな風になりたいタイリストの熊谷隆志さんの存在をション雑誌を見ることが好きで、ス小松嘉章中高生の頃からファッ入文学化し服た装き学っ院かにけは?て、資金を貯めてからを半年ぐらいしはアルバイト小松卒業後なって思う。ングが良かった今思えばタイミ働くことができて、どアシスタントとしてを教えてもらって、3年ほタントを募集していることトの椎名直子さんがアシス佐藤先生から、スタイリスし卒て業き後ま、しどたのかよ?うな経験をる唐揚げもおいしかったよね。市川懐かしい!お弁当通りにあ買ってた。小松あとはパンジーでよくパンをるリソースセンターに行ってるよ。文化の図書館とか、資材がそろっても資料とか素材が必要になったら、佐藤私もめっちゃ行ってた!今よく利用していたかな。服飾の資料がたくさんある図書館は加できないくらい忙しかった……。市川私はショーとかイベントに参なくちゃいけないことを学んだ。したし、相手のことを考えて行動しことの難しさと楽しさはそこで実感いい経験だったな。人に服を着せるアシスタントをさせてもらったのも佐藤コレクションのフィッターのえてもらってたな。る保科路夫さんがいて、いろいろ教先輩に今、演出家として活躍してい小松俺はショーの委員長もしたよ。Pick up Item:IENAのカタログ佐藤さんがスタイリングを担当した2014年春夏のイエナのカタログ。女性らしいブランドのイメージが伝わる一冊だ。Pick upItem &Place印象に残っているものと場所JOB :スタイリストNAME :小松嘉章PROFILE :こまつよしあき/ファッション流通専攻科ファッションディレクター専攻卒業。1983年、秋田県生まれ。スタイリストのアシスタントを経て2009年に独立。メンズファッション誌をはじめ、広告など幅広いジャンルで活躍中。Pick up Place:文化学園図書館国内外のファッション誌を閲覧でき、世界の服飾史のほか、美術・工芸・染色・建築など、さまざまな専門図書がそろう。Pick up Place:パンジー(学食)校舎1階の学食内にある人気のパンコーナー。いつも学生たちの空腹を満たしてくれるおいしいパンが並んでいる。Bunka Fashion College Graduates’Discussion 74