II部(夜間部)服飾専門課程/服装科 2年 尹 愛純

この取材内容は2007年2月時点のものになります。

昔から洋服やもの作りは好きでした。大学2年生の終わりから真剣に進路を考え始め、専門学校に行くことを決めました。文化は自分のお金で行きたくて、大学途中からお金をため、さらに昼間は仕事をしながら通いました。つらい時もあったけど、夜間部はみんながそんな生活なので励ましあってがんばりました。

───どんな勉強をしているの?

II部(夜間部)服飾専門課程は、昼間仕事をしている社会人や、Wスクールで勉強している大学生などが通う夜間部です。限られた時間の中で、アパレルファッションに関わるそれぞれの目的が達成できるよう、3年間で服装に関する基礎専門知識と技術、それに応用力を身につけます。

───一番好きな授業は?

「服飾造形」。服が形になっていく過程がたのしいです。デザインから作図、裁断、縫製、仕上げまで細かい作業が多いので時間がかかりますが、仕上がった時のよろこびには代えられません。初めて作ったワンピースはわが子のようにかわいいです。

───文化を選んだ理由は?

夜間部のカリキュラムが充実していて魅力的だったからです。他の学校の夜間部は短期間で、服を作る実習しかなかったりする所も多かったので、文化を選びました。

───将来の目標を教えてください。

卒業後は「オンワード樫山」のパタンナーとして働くことが決まりました。研修制度も充実しているそうなので、しっかり修行して一人前のパタンナーになりたいです。そして、いつかはデザインから縫製まですべて自分で手がけた一点ものの服を作って置ける小さなショップを開きたいです。

mainphoto

●好きなショップ・ブランド

FRAPBOIS、united bamboo。着心地がよく、長持ちするので。

●よく読む雑誌

装苑。スタイリングがかわいいし、ためになる情報が多い。

●尊敬・影響を受けている人

両親。人生をとても楽しんでいるので。

文服生の一日
グラフ

仕事→授業→課題→仕事…のくり返しでした。ただ、職場が学校に通うことに対して理解があったので、授業を優先してくれました。土日はたまった課題を片付けたり、友だちに会ったり、美術館に行ったりとじっとしていることはありませんでした。

p1

入学前はミシンにさわったこともありませんでした。でも、服作りが好きになる自信だけはありました。

p2

学外でも、毎年2回開催される「デザインフェスタ」に計4回ほど参加。売上も年々よくなりました。

作品・お気に入り紹介
p3

スカートのドレープと取り外せるプリーツがポイント。生地を紅茶で染めて微妙な色を出しました。

p4

友だちと「mmka」というブランドを作って服を販売。カタログも自分たちで写真を撮って作りました。

p5

「mmka」のメンバーで。1年生の時、自作のスカートとシャツの発表会の日に。

p6

2年くらい働いたユナイテッドアローズの靴屋さん。ここでの接客経験は勉強になりました。

入学希望者へ

文化は課題が多いから大変だというけど、服作りが好きだからこそ、つらさもたのしさに変えてやっていけます!きびしい先生もいますが、ちゃんと取り組めば愛情を持って教えてくれます。いろいろな友だちもできます。文化へ、ぜひ!!

fukidashi
p7

TOP