テキスタイルデザイン科 3年 山田春香

この取材内容は2008年3月時点のものになります。

版づくりは大変だけど、プリントを刷り出すまでのいくつもの工程が好き。

たとえば、社会問題と結びつけてテーマを考えたり。写真などの資料を集めたり。テキスタイルデザインにはいくつもの工程があります。版づくりや染料の調合は大変だけど、長い時間をかけて生地ができあがった時は達成感があります。

どんな勉強をしているの?

「どうしてこういう生地をつくろうと思ったのか」。その企画の源を考えることから始まります。前期に生地をつくりあげて、後期にその生地を使ってコートやジャケットを制作する授業もあるんですよ。

文化を選んだ理由は?

他の学校にはない機材が、文化にはたくさんあったから。テキスタイルは布をつくるという大がかりな作業なので、設備が整っていないと満足ゆく作品がつくれません。課題が多いことも力が付きそうだと思いました。

文化での思い出は?

文化祭のファッションショーのプログラムのデザイン画を2年連続でやりました。毎回、スケジュールがタイトなので体力的にきつかったです。でも、製本されたプログラムを見た時はすごくうれしかったです。

将来の目標を教えてください。

文化に入って進路の可能性がたくさんあることを知りました。明確な目標はまだありませんが、テキスタイルの企画やイラストなど、さまざまな仕事をしたいです。そして、明確な目標を見つけていきたいです。

高2の時からつくり始めたデザインブック。気になるものをすべて貼り付けています。

メイン写真

就職先(職種)

シュア株式会社(テキスタイルデザイナー)

好きな音楽

特になし。色々なジャンルを聞いています。

好きなブランド・ショップ

特にないです。

好きな雑誌

Italia VOGUE、フランス版NUMERO

尊敬・影響を受けている人

ギィ・ブルダン。物作りをするときに、影響を受ける。

文服生の一日をチェック!

TOP