服飾研究科 1年 金岡尚美

この取材内容は2008年3月時点のものになります。

1mm、2mmにこだわる。パターンを夢中で引いている時がいまは一番おもしろい。

最初は何時間も悩んで引いたパターンを、先生がすごいスピードで直していく光景に圧倒されました。パターンの理論を勉強していくと数㎜の差がシルエットや機能性にどう影響するのか分かってきて、いまはパターンを引いている時が一番おもしろいです。

どんな勉強をしているの?

服飾研究科は1年という限られた期間で服装科の2年分のカリキュラムをこなすというハードな科ですが、集中して濃い授業が受けられると思います。課題も次から次に出されるので、1年間、手を動かし続けてください。

文化を選んだ理由は?

数多くの卒業生がファッション業界で活躍されていて、実績と信頼があったのであまり迷わずに決めました。また1日でも早く就職したい私にとっては1年間で2年分の内容が学べる服飾研究科も魅力でした。

文化での思い出は?

服づくりです。パターンと縫製技術の授業は力を入れました。美大時代はコンセプトやデザインなど、頭で考えている時間が多かったのですが、文化では実際に手を動かしている時間がとても楽しかったです。

将来の目標を教えてください。

卒業後は文化の卒業生が経営している(有)entertanmentで服づくりに携わることになりました。文化でのセミナーで出会った会社です。すぐに行動を起こしたことと、美大の時の作品も評価していただきました。

担任の田中先生です。きびしくも、やさしい、お茶目な先生です。

メイン写真

就職先(職種)

(有)entertainment(生産全般)

好きな音楽

特になし

好きなブランド・ショップ

ミナ・ペルホネン。皆川さんのこだわり、姿勢がすばらしい。

好きな雑誌

装苑 FUDGE

尊敬・影響を受けている人

マルセル・デュシャン、ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン

文服生の一日をチェック!

TOP