II部(夜間部)服装科 3年 花村一晃

この取材内容は2008年3月時点のものになります。

好き嫌いがはっきり分かれるくらいの服をつくりたい。反応があることがうれしい。

在学中クラスの仲間とブランド「YELL」を立ち上げました。装苑主催のラフォーレ原宿の企画展では自らお客様の前にも立ちました。お客様が手に取った時に反応があることがうれしかった。自分がつくりたいと思っていた服が売れたことは自信にもなりました。

どんな勉強をしているの?

II部服装科は夜間です。アルバイトとの両立はハードでしたが、シャツからコートまで服づくりの知識と技術が一通り身につくし、3年の選択授業を利用してやりたいこともできるので充実していると思います。

文化を選んだ理由は?

有名なデザイナーが何人も出ているから。昼間はちゃんと働きたいと思ったから。同じ大学の先輩が文化に行っていて、話を聞いていたことも大きかったかもしれません。

文化での思い出は?

自分のブランドを立ち上げたことです。実際にセレクトショップに商品が並んだり、イベントで自ら売ったりしました。このブランドの立ち上げを通して、理解し合える仲間と出会えたこともうれしかったです。

将来の目標を教えてください。

自分のブランドで、アパレル業界で成功することが目標です。まずは東京コレクションに参加したいと思っています。あと卒業後は一度、タイに行って山奥に住む民族の手作りの服を見てみたいですね。

装苑のイベントで、ラフォーレ原宿のトランクショップに参加しました。

メイン写真

就職先(職種)

今のアルバイトを続け、独立する。

好きな音楽

ROCK、PUNK、METAL。アグレッシブだから好き。

好きなブランド・ショップ

古着屋。ミリタリー、バンド、スケートものなど。

好きな雑誌

ファッション雑誌全般。一通り読みます。

尊敬・影響を受けている人

UNDER COVER高橋盾さん。BOUNTY HUNTERヒカルさん。フォトグラファー新田桂一さん(文化の卒業生だから)。

文服生の一日をチェック!

TOP