II部(夜間部)服装科 3年 小堤良太

3年間で服造りの技術が身についたのは、熱心な先生方の指導があったから。II部には様々な年齢・経歴の友人もいるので刺激になります。

これは2年生のときにデザインしたブラウスとスカート。合わせてコーディネートすることを想定して作りました。

大学の講義で、服とからだの関係にまつわる思想にふれたのがきっかけでした。ダブルスクールはハードだけれど、熱意を持って服づくりができる人は必ず力がつくと思う。先生方も熱心に教えて下さいますから。

どんな勉強をしているの?

シャツからコートまで服造りをじっくりと学び、工場での生産についての知識も身につけます。次第に平面の図面と立体との関係もわかってきましたが、いっぽうで視覚的に造形できるドレーピングの授業はおもしろかったです。

文化を選んだ理由は?

山本耀司さんなど世界的に活躍する卒業生がいたからです。また、見学してみて3年間しっかり学べそうだと思いました。奨学金を利用した僕にとって、服飾学校の夜間課程の中でも学費が比較的安いと感じたのも理由のひとつです。

文化での思い出は?

大学の勉強との両立です。忙しくてもスケジュールを立てて課題の提出日は守るようにしてきました。限られた時間の中でも自分らしい作品を作る努力を続けたことで、力がついたのだと思います。

将来の目標を教えてください。

自分のブランドを立ち上げること。大学1年のときに友人のブランド経営に参加して、消費者の手に届ける難しさを知りました。仕様書を作って工場に交渉をしたり、メディアにアピールしたり。就職先で知識を身につけて、いつか自分しかできない表現をしたいです。

作品・お気に入り紹介

就職先(職種)

コム・デ・ギャルソン(企画・生産管理)

好きな音楽

パンク。メッセージ性のある音楽だから。

好きなブランド・ショップ

アンリアレイジ。服のコンセプトがおもしろい。

好きな雑誌

ハイ・ファッション。アートや映画の特集もおもしろい。

尊敬・影響を受けている人

川久保玲、マルタン・マルジェラ。デザインに刺激を受けるから。

文服生の一日をチェック!

TOP