服飾研究科 梶原千絵

服飾研究科は社会人経験者も多く、クラスの雰囲気も比較的落ち着いています。

休日は時間があれば美術館巡りに出かけます。自分の服作りのヒントを得ることもありますよ。

大学では文化人類学を学んでいました。卒業後、ホテルに就職。3年間働いたのですが、服飾の仕事があきらめられず、1年間でプロになれるこの学科を選びました。クラスには同じような志の仲間が多く、すぐに絆が深まりました。

どんな勉強をしているの?

1年間でスカートからコートまでの基礎を習得できます。他学科に比べて時間数に限りがありますが、知識も技術も基本から徹底的に教えこまれます。デザイン画の授業では、素材の描き分け方がとても勉強になりましたね。

文化を選んだ理由は?

1日も早く仕事に就きたいと思っていたので、1年間で卒業できるこの学科があるところに魅力を感じました。また、服飾の学校として有名だったことも、私の背中を押してくれました。とにかく忙しい学科です。がんばってください。

文化での思い出は?

学校とアルバイトの両立に力を入れました。両方を疎かにせず取り組むことで、自身のスケジュール管理や健康管理など、自己管理の習慣が身に付きました。入学当時よりも、かなり精神的に強くなったと思います。

将来の目標を教えてください。

卒業後はパタンナーとして就職します。就職活動では、ホテルでの接客経験、社会人経験も高く評価されました。将来の目標は、入社する会社でデザイナーから信頼される一人前のパタンナーになることです。

作品・お気に入り紹介

就職先(職種)

株式会社アンビテックス(パタンナー)

好きなブランド・ショップ

あまりこだわらず、いろいろなショップを見るのが好きです。

好きな雑誌

FIGARO、SPUR、bloom。モードファッションの参考になります。

尊敬・影響を受けている人

母親。いつもプラス思考で、話すと元気をもらえます。

文服生の一日をチェック!

TOP