毎日、放課後の教室で、みんなで課題をしている時間がほんとうに楽しかった。

服装科 太田 知子

どんな勉強をしているの?

服をつくる「服装造形」の時間が多いので、作図やパターンから服づくりを総合的に学ぶことができます。また、私は就職を選びましたが、3年次に進学という道もあり、1、2年で何がしたいのかゆっくり見極めることができるのも、この科の魅力だと思います。

いちばん好きな授業は?

「服装造形」です。一番授業の多い「服装造形」では、自分のデザインを形にすることができます。2年になるにつれて使用できる素材も増え、デザインの幅も広がり、クラスの友だちの作品を見るのもとても楽しみになっていきます。

文化を選んだ理由は?

とても有名な先輩がたくさんいたこと。前に働いていたアパレルの会社で勧められたことが大きな理由です。また、学生数が多く、そのぶん得ることのできる影響も大きくなるのではと思い、決めました。

文化での思い出は?

2年間、課題とアルバイトと就職活動のバランスをとりながら全部がんばりました。また、文化に入る前から学びたかった刺繍技術をオープンカレッジを利用して身に付けられたこともうれしかったです。充実した2年間でした。

内定までの道のりは?

いくつかの会社にエントリーシートとポートフォリオを送り、その中から選考へ進むことができた数社でポートフォリオやデザイン画を使用したプレゼンを行いました。課題とアルバイトと就職活動の両立は大変でしたが、就活自体は楽しんで挑むことができたと思います。

将来の目標を教えてください。

「ベイクルーズ」は選考段階から雰囲気がとてもよかったんです。さらに、大きな会社でいろいろなデザインを見ることができる点に魅かれました。将来は自分のブランドを持ちたいです。そして、服だけでなく、絵を描いたりすることもできればと思います。

入学を考えている方へ一言。

これまでの学校とは違い、好きなことだけをできる夢のような場所です!

作品・お気に入り紹介

  • 好きな音楽

    RADIO HEAD、ラルク(聴くと落ちつきます。)

  • 好きなブランド・ショップ

    Christian LACROIX(刺繍や色使いなどラクロワの世界が大好きです。)
    DRESSTERIOR(クラッシックで上品/ディスプレイがきれい。)

  • 好きな雑誌

    VOGUE、ELLE a table(色がきれい。)

  • 尊敬・影響を受けてる人

    母(とても強いところ。)
    父(何才になっても夢を持っているところ。大変そうな姿を見せずいつものほほんとしているところ。)

文服生のある一日

TOP