店内で記憶して、外でメモって、また忘れたら店内に戻って。新しい発見がいっぱいあった。

ファッションビジネス科 神戸 瑠璃

どんな勉強をしているの?

コレクション誌をデータ化してトレンドを分析したり、ショップを回って市場調査をしたり。さらに、それらの結果をもとに自分のブランドや自分のショップを考え、服を実際につくり、プレゼンする授業も。パソコンを一番使うのはこの科だと思います。

いちばん好きな授業は?

「販売実務」です。たとえば、お客さまの置かれている状況や要望を瞬時に見抜き、どういう接客を行えばいいかなど、実際の現場で活かせる知識や技術がたくさん学べるんです。担当の先生もとても魅力的!

文化を選んだ理由は?

ファッションの道に進もうと決めた時から頭にありました。その後、文化を題材にしたマンガを読んで「ここしかない」と思ったんです。最後は、校舎20階からの新宿の眺め。栃木出身の私はやられてしまいました(笑)。

文化での思い出は?

すべてが思い出です。文化の生活は毎日が刺激的で、変化に富んでいました。その中で、自分が夢中になれること、自分が楽しいと思うことを常に探していました。

内定までの道のりは?

1年の終わり頃に内定先の企業に直接電話をかけ、採用しているかどうか尋ねました。その後、面接を経て、運よく2年の春からアルバイトとして働けることに。そして今年、働きぶりが認められて社員登用していただけることになりました。

将来の目標を教えてください。

内定先の企業が新ブランドを立ち上げる予定があるんです。私は販売の仕事のかたわら、その新ブランドでプレスのアシスタントも務めることに。ブランドの立ち上げ時は大変なことも多いと思いますが、今からとても楽しみです。

入学を考えている方へ一言。

とにかく自分からアクション!出会いは夢のはじまりです!!

作品・お気に入り紹介

  • 好きな音楽

    THE BEATLES(彼らの曲をきくと、栃木にいるお父さんを思い出します!)

  • 好きなブランド・ショップ

    Betsey Johnson(4月からの私の仕事場でもあり、見ているだけで楽しくなるベッツィのアイテムが大好きです。)

  • 好きな雑誌

    GLITTER(外人のオネエサンが大好きです。)

  • 尊敬・影響を受けてる人

    母上様と父上様(私にたくさんの愛情をそそいでくれました。)

文服生のある一日

TOP