お客様への服のあて方や声がけなど、現場ですぐ役立つことばかりで、思わず力が入る。

スタイリスト科 ショップスタイリストコース 中村 華

どんな勉強をしているの?

「コーディネート論」をはじめ、マーケティングや素材、カラーなど幅広く学べるスタイリスト科。その中でもショップスタイリストコースは接客についての授業が充実しています。ロールプレイやボイストレーニングなど、FA(ファッションアドバイザー)の仕事を目指す人にとっては必要なものばかりです。

いちばん好きな授業は?

「コーディネート論」です。自分でつくった作品(服)をコラージュしてBOOKにまとめる課題があるのですが、自分の作品を自分の世界観でBOOKにできるところに魅力を感じます。さらに、ショップスタイリストコースではそのコーディネートをお客様が見て分かるように工夫するところに、この科ならではのこだわりがあります。

文化を選んだ理由は?

日本で一番有名で実績のある学校であり、服について学ぶには最高の環境だと思ったから。また、サマーセミナーでファッションショーを観て、思わず感動して泣いてしまったんです。その時、絶対に入学してショーに関わりたいと思いました。

文化での思い出は?

学生生活で一番力を入れていたのは、課題を期限内にクオリティの高い作品に仕上げることです。それから、スタイリスト科といえばショー!他では経験できないことをたくさん体験できました。あと、全力で友だちと遊んだことです。クラスの友だちやショーで関わった人たちとの友情は最高に強いと思います。

内定までの道のりは?

3年の6月から就職活動を始め、一度「オンワード」を受けて落ちたのですが、夏休み後の10月にもう一度挑戦し、10月末に内定をいただきました。気持ちの入った就職活動が実を結んだんだと思います。

将来の目標を教えてください。

将来はお客様を大切にし、お客様から支持されるFAになりたいです。また、少しずつ上の立場に立っていき、いずれは店長としてショップをまとめていきたいと思っています。

入学を考えている方へ一言。

文化は服の勉強はもちろん、課外研修も充実しているので、いい経験ができます!

作品・お気に入り紹介

  • 好きな音楽

    その時の気分でいろんな音楽を聞きます。

  • 好きなブランド・ショップ

    Paul Smith(色使いと柄が好き)

  • 好きな雑誌

    装苑(文化の人がたくさんのってて楽しい。)

  • 尊敬・影響を受けてる人

    母(一人暮らしをして母の大切さと強さに気付きました。)

文服生のある一日

TOP