靴づくりに使う機械の音は怖かったし、つりこみの作業は大変だし。でも完成した時の喜びはずっと最高。

シューズデザイン科 武田 笑奈

どんな勉強をしているの?

1年目のファッショングッズ基礎科でひと通り靴づくりの工程をすべて学びます。そして、2年目からメンズやレディス、ヒールなど、それぞれの靴に合わせてより細かいことを学んでいくんです。靴の知識はもちろん、工場見学や会社見学など、現場を知る機会も多く、靴づくり全体を学ぶことができるのも魅力です。

いちばん好きな授業は?

「MD(マーチャンダイジング)」です。自分たちで架空の会社をつくり、実際に商品企画、サンプルづくりまで行い、みんなの前で発表します。1、2年生で学んだグラフィックのおかげでいいプレゼンテーション資料ができ、生産コストといったふだんの作品づくりでは知ることができない部分をたくさん学びました。

文化を選んだ理由は?

小さい頃からファッションが好きで、小学生の時に文化の存在を知りました。その後、高校生でファッションショーや服づくりを経験し、靴やアクセサリーなどファッショングッズに興味を持ったんです。また、設備や学校の雰囲気も決め手になりました。

文化での思い出は?

文化祭ではアクセサリー係として関わることで、たくさんの友人と出会い、たくさんの刺激を受けました。また、常に広い視野を持ち、さまざまなものを見たり、挑戦したりすることに力を入れました。

内定までの道のりは?

文化祭の係や課題が忙しく、就職についていろいろ悩んでいた時期に、内定先の企業が求人を出していることをクラスの先生が教えてくださりました。偶然にも好きなブランドを取り扱っている企業だったし、文化出身の先輩たちもいたのですぐに応募。面接を経て、文化祭当日に内定をいただきました。

将来の目標を教えてください。

じつは、内定先の企業の社長がわざわざ文化祭を観に来てくださり、その場で直接、内定をいただきました。その社長の思いに応えつつ、社会でいろいろな経験をして、ずっと靴づくりに関わっていけたらと思います。

入学を考えている方へ一言。

文化にはいろいろな個性を持った子が集まってくるので、とても刺激を受けます!

作品・お気に入り紹介

  • 好きな音楽

    Four Tet、Pogo、The Booksなど色々。サイトから気に入ったものをおとしてます。

  • 好きなブランド・ショップ

    特になし。
    気に入ったものなら古着でもなんでも好きです。

  • 好きな雑誌

    図書館でいろいろ

  • 尊敬・影響を受けてる人

    友人(いつも自分にはないアイデアや感性に、私も影響を受けます。)

文服生のある一日

TOP