自分のイメージを形にすることの楽しさも、難しさも知った。悔しい思いをすることもよくある。

アパレルデザイン科 廣邊 彩乃

どんな勉強をしているの?

デザインを中心に、自分の中にあるものを外に出すための授業が多いと思います。また、立体裁断に時間を割いて学べるのも特長です。平面作図から立体へ、立体から平面作図へ。2つの技法を手に入れることで表現の幅が大きく広がったと思います。

いちばん好きな授業は?

「アパレルデザイン」です。自分自身の個性を活かし、1つの作品をつくりあげた時に味わう達成感は特別。また、この学科ならではの水着をつくる授業や、レザーや毛皮など独特の技術を学び、新しい発見があり楽しかったです。

文化を選んだ理由は?

服飾系の学校をいろいろと調べる中で、文化が数多くのデザイナーを輩出し、設備も整っていることを知りました。その後、夏のサマーセミナーに参加。服づくり体験やファッションショーを見て、「絶対に文化で勉強したい」と考えるようになったんです。

文化での思い出は?

1年の時からショーが好きです。やり終わった後の達成感がたまりません。とくに、3年生の時に奈良県とコラボレーションして開催したショーは、準備期間が長かったぶん、思い出に残っています。ご年配の観客から「夢をありがとう」と言われたんです!

内定までの道のりは?

デザイナーとしての内定を目指し、まずは合同企業説明会にいくつか参加。どのような企業があるのかを知ったうえで、少しでも気になった企業を受験するようにしました。履歴書の添削や面接練習など、文化のキャリア支援室にはお世話になりました。

将来の目標を教えてください。

内定先の企業は国内大手のメーカーです。国内生産へのこだわりや、新しいことを始めようという姿勢に魅かれました。新ブランドの立ち上げなどに関わってみたいです。

入学を考えている方へ一言。

自分の目で見て、文化を感じてほしい。私は見ただけでワクワクしました。

作品・お気に入り紹介

  • 好きな音楽

    様々なジャンルのものを聞きます。女性ボーカルでのびのびと歌う人が好き。

  • 好きなブランド・ショップ

    Sacai(デザインが大好きで、見ていて刺激にもなります。)

  • 好きな雑誌

    装苑・MODE et MODE(世界のファッション情報やアーティスト情報が多いから。)

  • 尊敬・影響を受けてる人

    母親(夢に対する姿勢や生き方など多くの事を学びつづけています。)

文服生のある一日

TOP