学校はデザインのネタ探しの場。友人との会話、作品、着ている服、雑誌の記事、日々アンテナを張りつづけている。

アパレルデザイン科 メンズデザインコース 青木 陽平

どんな勉強をしているの?

メンズデザインコースでは、通常の服づくりに加え、八刺し(はざし)やアイロンテクニックなど、布の上で形をつくっていくメンズならではの技術を学ぶことができます。また、「スーツはオシャレ感覚で着る」と話す鈴木憲道先生の話しがとても深いです。

いちばん好きな授業は?

「パターンデザイン論」。パターンを引くことも好きなのですが、加えて、何の意味があるか分からないような服のパーツにも一つひとつ歴史や機能があることを教えてくれる先生の解説が好き。また、入学前から挑戦したかった革の課題になった時は、思わず「革ジャン、来た―」とテンションが上がりました。

文化を選んだ理由は?

課題が大変だと知っていたから。つらいところに立たされたほうが、自分自身の技術も伸びるし、内面的にも成長できると考えていました。実際、1年の最初は服づくりの「ふ」の字も知らない。ミシンってなに?糸のかけ方って?という状態から始まりました。

文化での思い出は?

服の歴史を知ることにはまりました。歴史を知ることで、服をデザインするうえで欠かせないものが見えてくる。また、歴史を知ったうえで、新しいものを考えていくことに興味があるんです。単なる思いつきのデザインはしたくない。過去のデザインをリスペクトし、そのうえでオリジナルを生みだしていきたい。

内定までの道のりは?

内定先の企業は、文化に入学を考えていた頃から憧れていました。ミュージシャンがよく着ているブランドなのですが、在学中からホームページを見たり、お店に行ったりしているうちにますます思いが深まったんです。就職活動では、その思いをストレートに伝えた結果、内定をいただくことができました。

将来の目標を教えてください。

将来は、独立して自分のブランドを持つことが目標です。内定先の企業にも、面接で素直にそう伝えました。自分の好きな服をつくり続けていきたいです。

入学を考えている方へ一言。

ここには、服に関することしかないのだから、何一つムダな勉強はない!

作品・お気に入り紹介

  • 好きな音楽

    PUNK ROCK(スカッとする!?)

  • 好きなブランド・ショップ

    Ego Tripping、GARROT de matou(セレクトショップ)

  • 好きな雑誌

    RUDE、ollie、Free&Easy、POPEYE、2nd、、、etc

  • 尊敬・影響を受けてる人

    Yoshiya(ミュージシャン)

文服生のある一日

TOP