ニットデザイン科は家族みたいで、居心地がいい。下級生も卒業生もつながっている。

ニットデザイン科 菊池 彩香

どんな勉強をしているの?

ニットデザイン科独特のアットホームな雰囲気の中、ニットについて専門的に学んでいきます。シンプルな棒針にはじまり、かぎ針、機械編みと少しずつ難しい技術に挑戦していくんです。そして、3年目はコンピュータ織機。また、マーケティングや染色の授業も用意されています。

いちばん好きな授業は?

「ニットアパレル」。やっぱりこれです。先生もやさしく教えてくれるので、疑問に思うことがあればすぐ質問して解決しながら進めることができます。何より楽しいです!ちなみに、卒業制作ではチームを組んで、みんなでひとつのテーマのもと、作品をつくりました。

文化を選んだ理由は?

服飾の学校の中で一番有名で、一番大きい学校だったから。設備が充実していることも魅力でした。また、1年生で服づくりの基礎を学び、2年から興味のある内容を専門的に学べる点もいいなと思いました。

文化での思い出は?

文化祭!ニットデザイン科は人数が少ないこともあり、展示係とショー縫製の2つの係を担当したんです。1体を2人で縫製し、その後休む暇なく次の仕事にとりかかったり。準備期間中はほんとうに大変でしたが、ショーはとても満足ゆく出来ばえに仕上がりました。

内定までの道のりは?

ニットデザイン科は先生と卒業生、在学生と卒業生のつながりが濃く、文化の中でも就職に強い科だと思います。また、卒業生の多くがニット業界で活躍しているため、文化の評価も高いんです。内定先の社長さんも入社前から信頼してくれていました。先輩たちのおかげです。

将来の目標を教えてください。

将来の目標は、就職先の企業で早く一人前になって、社内のメンバーからも、お客様からも信頼されるニット製品を提案できるようになりたいです。

入学を考えている方へ一言。

ニットデザイン科は初めて編み物をやる人がほとんど!みんな同じスタートです。

作品・お気に入り紹介

  • 好きな音楽

    椎名 林檎、東京事変(声も曲もかっこいいから。)

  • 好きなブランド・ショップ

    特になし(古着屋さんで掘出し物を探すのが好きです。)

  • 好きな雑誌

    装苑(1年生から読んでるから。)

  • 尊敬・影響を受けてる人

    相田みつを(教室のドアに相田みつをの詩がはってあるから。)

文服生のある一日

TOP