Real Voice of bfc Student 2013

服飾専門課程 服装科 2年 春日部 祐香 福島県尚志学園尚志高等学校卒業 就職先:株式会社ワールド(キッズパタンナー)

何度も失敗して、先生や友人に助けられながら服をつくり続けた。もがいた先には、新しい自分がいた。

服づくりの技術をしっかりと身につけることを親に約束して入学した文化服装学院の服装科。シャツ、ワンピース、ジャケットなど、あらゆるアイテムを何度も失敗して、先生や友達に質問しながらつくり続けました。忙しい毎日を乗り越えた先には、確かな技術と知識を身につけた自分がいました。
春日部 祐香

どんな勉強をしているの?

「デザイン論」や「素材論」など、服づくりの基礎を幅広く学ぶことができます。実際に服をつくる課題も多く、その経験を通じて自分にはパタンナーが向いていると気づくことができました。私は2年間で卒業しましたが、3年次に服飾専攻科へ進み、より特化した専門技術を学ぶこともできます。

いちばん好きな授業は?

「服装造形論」では、デザイン、素材選び、作図、パターン、縫製まで。服づくりを先生の示範のもと、一貫して学ぶことができます。課題のアイテムをつくり、完成したら学年で発表会。ショーと同じ形式で、友達の作品を見るのもとても刺激的でした。

文化を選んだ理由は?

中学生の時に読んでいた雑誌に載っていた人の多くが文化の学生でした。伝統があって多くのデザイナーを輩出していることもあり、自分にとって憧れの学校だったからです。

平面図でつくるパターン。練習を重ねていくと、頭の中で立体的な洋服のイメージとつながるようになりました。

文化での思い出は?

課題を必ず期限内に提出するよう、がんばったことが一番の思い出です。わからないことを先生や友達に聞いたりしながら試行錯誤をくり返しました。平面の作図と、出来上がった立体のイメージが頭の中でつながった時の楽しさが忘れられず、パタンナーになるという目標も見つかりました。

内定までの道のりは?

2年生の春に学校の就職展示会に出品。作品を見た企業の方に声をかけていただいたことがきっかけで、希望していた子ども服のパタンナー職に内定できました。2年次は就職を希望する人が集まるクラスに進んだので、決まった時は友達もいっしょに喜んでくれました。

将来の目標を教えてください。

自分がパターンを引いた子ども服が商品となって、お店に並ぶことです。着心地のいいデザインはもちろん、肌を荒れさせないよう素材にも気をつけて、お気に入りの一枚になるような服をつくりたい。それを着ている子どもを街で見かけたり、いつか自分の子どもに着せてあげられたらうれしいですね。

入学を考えている方へ一言。

文化は課題が多く、大変だと感じることもありますが、クラスメイトがいるから乗り越えられます。その先には、確かな技術と知識が身についているはずです。

作品・お気に入り紹介

※写真をクリックすると拡大できます

文服生のある一日

とにかく課題が多くて忙しい毎日なので、無駄な時間はなるべくつくらないこと。また、どんなに夜遅くまで課題をしても、朝は絶対に遅刻をしないように心がけています。

プライベートも充実!

今は3DSの「とびだせどうぶつの森」にはまっています。のんびりしていて、キャラクターがかわいいので癒されます。ごはんをつくるのも好きなので、アルバイトをやめてからはお金の節約もかねて、いろいろな料理に挑戦しています。

  • 好きな音楽

    椎名林檎・東京事変:ずっと前から好きです。

  • 好きなブランド・ショップ

    mintdesigns:色使いや形がとてもかわいい。

  • 好きな雑誌

    MilK:海外のお洒落なキッズファッションが見れるから。

  • 尊敬・影響を受けてる人

    祖母:小さい頃、お裁縫を教えてもらったから。

TOP