Real Voice of bfc Student 2013

ファッション流通専門課程 スタイリスト科 スタイリストコース2年 橋本 晴 Hashimoto Haru 福岡県立北筑高等学校卒業就職先:スタイリストアシスタント進学先:ファッションディレクター専攻 ※2012年4月生よりファッションビジネス科とスタイリスト科は統合され、ファッション流通科を新設。2年次よりスタイリスト/ショップスタイリスト/リテールプランニング/ファッションモデル/ファッションメイキャップの5コースが選択でき、より専門的な知識・技術を習得します。

自分の足りないところをカバーするため、課外活動にも積極的に参加。自ら考え、動ける力がついた。

大好きなテレビの現場で働くために志したスタイリストの道。ファッションも好きだけど、自分にはまだまだ足りないものがある。少しでも夢に近づくために、授業や課題に一生懸命取り組みながら、課外活動にも積極的に参加しています。自分から動ける力が身についたことで、スタイリストとして、働いていける自信が生まれました。
橋本 晴

どんな勉強をしているの?

コーディネートする上で色のバランスを考える、色彩や染色はもちろん、西洋服装史など服飾の文化について幅広く学びます。最初はスタイリストの仕事が具体的にイメージできませんでしたが、特別講義でプロのスタイリストの話を聞いて、「私にはこの仕事が向いている」と思えるようになりました。

いちばん好きな授業は?

カメラワークです。プロのフォトグラファーの方から、カメラの使い方、照明の置き方、フォーカスの当て方などを学び、撮影の流れが理解できました。自分が撮りたいイメージの雑誌の切り抜きを持っていくと、どういう撮り方をすればいいのかを教えていただけます。撮影の現場を知ることで、仕事に就いてからも役に立ちそうです。

文化を選んだ理由は?

大好きなツモリチサトさんの出身学校ということで興味を持ちました。新入生歓迎ショーを見学した時には、他の学校のショーとはまるで次元がちがうと感じました。カリキュラムも、服をつくる授業、歴史を学ぶ授業、染色やアクセサリーの授業もあって、幅広く学べるところに魅力を感じたんです。

布や皮を好きな色に染める「染色」の授業は楽しいことはもちろん、コーディネートにも役立ちます。

文化での思い出は?

横山町という問屋街の服を使ってコーディネートした写真がポスターになったり、2年生が中心になって行う、渋谷駅に写真を貼る企画に1年生で参加したり。服の知識が少ないので、授業や課題以外のイベントに積極的に参加しました。自分で考えて主体的に動く力が身についたと思います。

内定までの道のりは?

担任の先生にテレビのスタイリストをやりたいという話をしていたところ、素晴らしい方がいらっしゃるからと、あるスタイリストさんを勧めてくださったんです。厳しい世界だと思っていたのですが、実際にお会いしてみるとやさしい印象で「この人の下でなら頑張れそう」と思いました。

将来の目標を教えてください。

春から働くスタイリストさんの下で今、アシスタントのアルバイトをしています。大好きなテレビの編集されていないところがたくさん見られて、現場はとにかく楽しい。もともとスタイリストになりたいと思ったのも、テレビの現場で働きたいと思ったからでした。いつまでもこの業界で働いていたいです。

入学を考えている方へ一言。

個性的な人が集まっている文化の中でも、スタイリスト科の学生は特にオシャレな人が多いと感じます。校舎を歩くだけでも刺激的なので、ぜひ一度見学に来てみてください。

作品・お気に入り紹介

※写真をクリックすると拡大できます

文服生のある一日

土日は1日中アルバイトをしているので、課題はなるべく平日に終わらせるようにしています。夜はなるべく早く寝て、授業に集中できるよう心がけています。

プライベートも充実!

テレビを見ることが大好きで、家にいる時はいつもテレビをつけています。映画は邦画が好きで、よく学校の映像資料室を利用します。時には1日で3本見ることもあるほど。最近見た中で面白かったのは、バトルロワイヤルです。

  • 好きな音楽

    Aiko:歌詞や歌声が好きだから

  • 好きなブランド・ショップ

    Sunaokuwahara:色の使い方が好きだから

  • 好きな雑誌

    H:写真が好きだから

  • 尊敬・影響を受けてる人

    母:私の好みはほぼ母の影響だから

TOP