Real Voice of bfc Student 2013

ファッション流通専門課程
スタイリスト科 ファッションモデルコース 2年 小林 沙弥香  Kobayashi Sayaka 東京都立紅葉川高等学校卒業
就職先:モデル事務所 ※2012年4月生よりファッションビジネス科とスタイリスト科は統合され、ファッション流通科を新設。2年次よりスタイリスト/ショップスタイリスト/リテールプランニング/ファッションモデル/ファッションメイキャップの5コースが選択でき、より専門的な知識・技術を習得します。

自分を客観的に見ることが、自分を美しく見せるための第一歩だと知った。

鏡ばりの部屋で、自分の姿を客観的に見直すことができる
「プロポーション美学」の授業。
自分のいい点、足りない点を発見する時間は、
本当の自分ととことん向き合う時間でもありました。
どんな時でも美意識を忘れずに、
これからも自分を磨き続けていきたいと思います。
小林 沙弥香

どんな勉強をしているの?

自分を内面と外面の両側から磨くことができるコース。ウォーキングやヨガ、ダンスはもちろん、自分に合ったコーディネートも学ぶことができます。また伝統文化という授業では、歌や折り紙を通じて、教養も身につけることができました。撮影体験やオーディションなどで培った実践的な知識や技術は、プロのモデルになっても、そのまま役に立ちそうです。

いちばん好きな授業は?

「プロポーション美学」です。鏡ばりの教室で自分を客観的に見つめることで、それまで気づかなかった自分の欠点がたくさん発見できました。モデル経験のある先生の指導によって、日々、自分が変わっていくのが実感できます。歩き方や姿勢など、普段から美意識を持って生きることの大切さを学びました。

文化を選んだ理由は?

最初からモデルを志したわけではなく、洋服が好きだったので服飾を基本から学びたいと思っていたんです。文化を見学した時、先生に「洋服が好きだけど、裁縫もしたことがないので不安です」と相談したところ、「ゼロからはじめられるようにカリキュラムを組んであるから」と言っていただき、安心して入学することができました。

「プロポーション美学」の授業です。姿勢や体のゆがみを治すことができました。

文化での思い出は?

ファッションショーをはじめ、撮影や展示会モデルなど、“モデル実習”の機会をたくさんいただきました。プロのモデルさんと同じ立場でランウェイを歩くこともあり、プレッシャーは大きかったのですが、その分、表現者として真剣に考えることができたので、成長につながりました。

内定までの道のりは?

学期末に一度、学内でモデルコースの学生だけを対象としたオーディションがあり、そこでスカウトしていただきました。大規模で業界でも名前の通った文化だからこそ、掴めたチャンス。これからモデルとして多くのオーディションに挑戦していきますが、2年間で培った表現力を発揮していければいいと思っています。

将来の目標を教えてください。

一流のモデルさんを見ていると、やはり表現力がちがうと感じます。美しく見せるための角度など、自分を表現する方法が分かっている。私にはまだまだ足りない部分も多いですが、自分を磨き続けることでプロのモデルへと成長していって、将来的には雑誌を中心に活躍することが目標です。

入学を考えている方へ一言。

文化には個性的なファッションの学生がたくさんいて、見てるだけでも勉強になることが多くあります。服飾を学びたいなら、こんなに刺激的な環境はありません。

作品・お気に入り紹介

※写真をクリックすると拡大できます

文服生のある一日

やりたいことが多すぎて、ひとつに集中することが難しい。取り組んだことを最後までやりとげるため、その日の大切なことを決め、優先順位をつけていました。またリラックスする時間を必ず設けることで、モチベーションを保つようにしています。

プライベートも充実!

最近ハマっていることはジョギング。休みの日には、朝と夜2回走っています。走っている時は「今脂肪が燃えているのかな」と考えて、翌日体重計に乗る瞬間を楽しみにしています。さらに自分を磨くため、最近はジムにも通いはじめました。

  • 好きな音楽

    洋楽:テンションが上がるから!

  • 好きなブランド・ショップ

    DIESEL:シンプルだけどかっこ良さがある。そこが好き。

  • 好きな雑誌

    FUDGE:雰囲気が好き。

  • 尊敬・影響を受けてる人

    ファッションモデルコースの子たち:みんな日々どんどんキレイになっていくので、自分も頑張ろうと思える。

TOP