Real Voice of bfc Student 2013

ファッション工芸専門課程 シューズデザイン科 3年 吉田 成実 私立千葉敬愛高等学校出身 就職先:株式会社クロスロード(製造職)

先生と生徒というよりも、師匠と弟子。靴づくりの技術はもちろん心構えも学んでいる。

シューズデザイン科の良さは少人数で、マンツーマンに近い指導が受けられること。一足をつくり上げるまでには長い時間がかかりますが、その間、必要な技術を丁寧に教えてもらうことができます。靴には職人の心づかいがあらわれます。見えないところにまで気を配った靴づくりができる職人になりたいです。
吉田 成実

どんな勉強をしているの?

シューズデザイン科ではレディース、メンズの靴づくり、革の素材論、オリジナルのヒールづくりなど靴に関するあらゆることを学びます。2年生の時にはパンプス、サンダル、ヒール、紳士靴をつくり、3年生ではブーツ、スニーカーをつくりました。1学年1クラスで少人数なので、先生から丁寧に指導してもらえることも大きな魅力です。

いちばん好きな授業は?

「シューズ」の授業が一番好きです。デザイン画を描くところから、ちゃんと履ける靴にするまでをひとりで行い、1つの靴づくりを通してそれに必要な技術を習得していきます。クラスのみんなで同じ靴をつくるわけではないので、マンツーマンで先生に弟子入りして学んでいるような時間です。

文化を選んだ理由は?

1年生の時に靴、バッグ、ジュエリー、服、帽子など幅広く学んだ上で自分がやりたいことを決められることが魅力的でした。また、ビジネス論や全身のデザイン画を学べたり、ファッションについて垣根を越えた知識が得られると思ったからです。

革にしわがつかないようになじませる「釣り込み」という作業です。靴づくりの中で一番好きな工程です。

文化での思い出は?

学校とアルバイトの両立です。服や靴などかわいいものを買うために、土日はアルバイトすると決め、平日はその分集中して課題に取り組みました。提出日をきちんと守りながら納得できる作品づくりをするために、休みは3ヵ月に1日くらいのペースでがんばりました。

内定までの道のりは?

もともと知っているブランドをつくっていて、丁寧な靴づくりに共感できる会社でしたので「働きたい!」と思っていたところ学校に求人が来ていたので応募しました。日本国内で生産を行う新しいプロジェクトに参加できるということで、とても楽しみです。

将来の目標を教えてください。

少人数の工房で働くので、まずはそこで技術を磨いていきたいです。将来は企画やデザインを忠実に再現したサンプルがつくれるだけでなく、履く人のことを徹底的に考え抜き、見えないところにも気を配った製造ができる人になりたいと考えています。

入学を考えている方へ一言。

文化では年齢も国籍も関係ありません。私はボリビア、タイ、中国、韓国、台湾からの留学生と一緒に学んでいます。ものづくりが好きな人ばかりが集まっていますので、思う存分没頭できると思いますよ。

作品・お気に入り紹介

※写真をクリックすると拡大できます

文服生のある一日

朝、通学する時に今日やることを決めて学校に行きます。毎日その日の目標を決めることでモチベーションが上がるので、学校に着くとすぐに作業が始められます。

プライベートも充実!

休日も千葉からほぼ毎週新宿にアルバイトで来ています。お菓子が大好きなので、頑張った日や課題提出が終わった日は大好きなLUMINE2にあるマカロン屋さんでご褒美を買って家でゆっくり食べるのが至福の時間です。あとは寝る前にマンガを読んで一日の疲れを癒しています。

  • 好きな音楽

    THE BACKHORN:歌詞が好きです。

  • 好きなブランド・ショップ

    ツモリチサト:見ても着ても幸せになれます。

  • 好きな雑誌

    装苑:かわいい物がたくさんのっています。

  • 尊敬・影響を受けてる人

    母・姉:色んな事を教えてくれます。

TOP