Real Voice of bfc Student 2013

服飾専門課程 Ⅱ部(夜間) 服装科 3年 小野寺 優子 青山学院大学卒業 就職先:株式会社アズノゥアズ(パタンナー)

社会に出てから飛びこんだファッションの世界。学ぶことすべてが新鮮で毎日の授業がとにかく楽しい。

色彩検定の資格をとったことをきっかけに、このスキルをもっと生かせる職業に就きたいと考え、ファッションの道を志しました。会社にも理解していただき、17時に退社して文化へ通う日々。Ⅱ部のクラスには服飾関係者の方も多くいましたが、初心者の私にとってはすべての授業が新鮮で、毎日の授業がとにかく楽しいんです。
小野寺 優子

どんな勉強をしているの?

針の持ち方からミシンの扱い方など基本的なことから、服装史や素材の知識まで幅広く服飾を学びます。初心者として入学しましたが、講義を聞いたり、服をつくったり。学ぶことすべてが新鮮で楽しく、没頭できる時間が仕事の気分転換にもなったほどでした。課題は大変でしたが、働きながら3年間ムリなく続けられました。

いちばん好きな授業は?

「アパレル素材論」です。同じ綿でも織り方によって質感が変わるなど、素材のことを事細かに知ることができました。先生がとても熱心な方で、聞いているだけでそんなに楽しい世界があるのかと、自然と惹きこまれていきます。

文化を選んだ理由は?

何校か見学した中で、文化の雰囲気が一番自分に合っていると感じました。昼間は仕事をしながらの通学だったので、見学時に「忙しい中でも夜間はある程度、自分の裁量で課題も調整できる」と伺い、安心できました。

「服装造形」の授業です。先生に点検を受けるごとに、一歩一歩進めている気がします。

文化での思い出は?

昼間のクラスと比べるとカリキュラムも少ないため、ひとつの授業も課題もおろそかにできないと考えていました。就活では技術も問われるので、課題のひとつひとつに「今回は○○ができるようになろう!」と目的を持って取り組みました。また課題の提出は必ず期限を守ると決めて、3年間続けました。

内定までの道のりは?

ブランドはこだわらず、とにかくパタンナーになりたいと思っていました。唯一の条件は、企画から販売まで一貫している企業であること。自分のつくった服がお客様に届けられるまでを見たいからです。2年生の終わりから就活をはじめ、6月ころに内定を頂くことができました。

将来の目標を教えてください。

パタンナー職での内定をいただけて、ようやく服づくりができる入口に立てました。いま内定先の企業でパタンナーとしてアルバイトをしていますが、まだまだ学ぶことが多いと感じています。焦らず一歩一歩進んでいき、早く一人前になりたいです。

入学を考えている方へ一言。

私は大学を出て、社会人を経験した後に入学。スタートは遅くても、なんとか夢の入口に立つことができました。自分の人生は自分次第ですよ。

作品・お気に入り紹介

※写真をクリックすると拡大できます

文服生のある一日

平日は昼間働いているので、課題は土日中心に取り組みます。作品づくりに必要な物を買いに行ったり、一日中洋服をつくったり。提出日から逆算して、余裕を持って進められるようにしています。

プライベートも充実!

高尾山を登った時のことが忘れられません。一緒に行った友人2人は登り慣れていて、頂上でリゾットやマシュマロを焼いてくれたり。アスファルトを離れて山道を歩いていると本当に気持ち良くリフレッシュできるんです。春にはトレッキングシューズを買って本格的に山登りをはじめようと思っています。目標は富士山に登って朝日を見ること。

  • 好きな音楽

  • 好きなブランド・ショップ

  • 好きな雑誌

    VOGUE:ブランドを知らなすぎて勉強のために。学割も使えたので。

  • 尊敬・影響を受けてる人

    友人たち:ジャンルは違えど、目標に向かって突き進んでいく人たちばかりでパワーをもらっています。

TOP