Real Voice of bfc Student 2013

服飾専門課程 服飾研究科 大野 明日香 武蔵野美術大学卒業 就職先:株式会社ルック(デザイナー)

最初はデザイナーになれる自信が持てなかった。がむしゃらに学んだ1年間が、確かな力につながった。

正直、入学してしばらくは、1年間の勉強でデザイナーになれる力が身につけられるか、不安もありました。先生にも相談し、もがいた末に生まれた決意。なにがなんでもデザイナーになる。そう決めてからは余計なことを考えず、夢の入口に立つことだけに集中して、努力を続けることができました。
大野 明日香

どんな勉強をしているの?

手縫いからはじまって、スカート、ブラウス、パンツ、ジャケット、コート、卒業制作まで。ひと通りの服をつくれるようになるのはもちろん、デザイン画、染色、マーケティング、デザイン論、量産技術や工場の知識も身につけることができます。服飾に関わるすべてのことを、1年間に凝縮して学べる学科です。

いちばん好きな授業は?

デザイナーになりたかったので、「ファッションデザイン画」の授業は入学前から一番重視していました。毎回先生が持ってきてくれる資料の中で、気に入ったものを自分でも購入するなど、なんでも吸収する意気込みで授業に臨みました。先生には就活の時もよく相談をして、企業に提出する課題も見てもらいました。

文化を選んだ理由は?

高校1年生の時に友達とファッションショーを見た時、あまりに衝撃を受けて、いつかは文化に行くと決めていました。それまで遊びで服をつくったことはありましたが、桁外れでした。よく読んでいた「装苑」の世界が目の前で再現されていると思って、号泣するほど感動したことがきっかけで、デザイナーを目指すようになりました。

「デザイン画」の授業風景です。デザイナーになりたい自分にとっては、もっとも大切にしていた授業でした。

文化での思い出は?

どうしてもデザイナーになりたくて入学した文化。そのために、少しでも多くのことを吸収したくて、授業以外にも先生の研究室を訪ねて、作品を見せたり、アドバイスをいただくこともありました。先生から「卒業しても聞きたいことをあったら研究室においで」と言っていただいた時は、うれしかったです。

内定までの道のりは?

数年間、デザイナー採用がなかった第一志望の企業の募集情報を知ったのは、学校からのメールでした。「デザイナーになりたい人はぜひ受けてください」という文面を読んで、「このチャンスを絶対につかまなきゃ」思い、先生にも相談しながら対策を練りました。6次審査までなんとかクリアして、最後は夢をつかむことができました。

将来の目標を教えてください。

デザイナーは芸術家ではなく、需要があってはじめて成立する仕事だと考えています。プロとして、まずは人や時代に求められていることにスピーディに答えられるようになりたい。その上で、自分の表現したいことを追求する姿勢も忘れずに持ち続けていきたいです。

入学を考えている方へ一言。

課題や就活など、目の前の大変なことにめげそうになったこともありましたが、「自分は何が何でもデザイナーになる」という強い気持ち持てるようになってから、すべてのことに前向きに取り組めるようになりました。ぜひここで、自分の信じる道を見つけてください。

作品・お気に入り紹介

※写真をクリックすると拡大できます

文服生のある一日

眠くなったら、ムリをしない。おなかが減ったら、我慢をしない。忙しい毎日だからこそ、この2つを心がけて体調管理をしています。これまでの経験上、ギリギリになったら集中してやるという自分の性格もわかっているので、優先順位を考えて、寝ることが大切だと思ったら寝ています。

プライベートも充実!

休日は、レストラン気分で料理をします。盛り付け、食器、ランチョンマットにまでこだわって、1人で楽しむ時間が幸せなんです。テーブルをケータイで撮影して、加工して料理アプリに投稿。世の中の主婦の皆さんとの見せ合いっこにハマっていました。どれだけお金をかけずにつくれるかに挑戦。1人暮らしにオススメの趣味です。

  • 好きな音楽

    日本語系のロックバンド、放課後ティータイム、ハロープロジェクト:自分も中学生の頃からギターとバンドをやっていて、今も身近に音楽をしている人が多いため、友達のCDやライブをよく見ています。

  • 好きな雑誌

    装苑・H・MOE・オレンジページ・美術手帖・Pen・VOGUE・WWD:本屋でバイトをしていたこともあり、ファッション雑誌というより多ジャンルの雑誌をペラペラ見ていました。生活系も好きです。

  • 尊敬・影響を受けてる人

    マルク・シャガール、ヘンリー・ダーガー、酒井駒子、J・Dサリンジャー、ロッタちゃん:中高の時に好きだった絵本作家や小説家から受けた影響が大きいです。(絵を描くときなど)

TOP