Real Voice of bfc Student 2013

ファッション工科専門課程 アパレル技術科 生産システムコース 永島 詩乃 千葉県木更津工業高等専門学校卒業 就職先:株式会社セント・メアリ・ミード(パタンナー)

毎回、新しい仕様に自ら挑戦した。苦労して覚えた技術は忘れないと思う。

ものづくりとファッション。やりたいことの2つを同時にかなえられる仕事がパタンナーでした。文化では徹底して技術を身につけるため、課題では毎回、新しい仕様に挑戦するようにしていました。それも、最初はすべて自分でやってみる。簡単に答えを求めてしまったら、本当の実力が身につかないと思ったんです。
永島 詩乃

どんな勉強をしているの?

アパレル技術科生産システムコースは、製品としての服づくりを学ぶことができるコースです。パターンメイキングや生産管理を中心に、企画から製造まで幅広い知識・技術が身につきます。海外生産が主流を占める現在、関税など貿易にまつわる講義も。さらに、CADを用いたパターンメイキングやグレーディングを学ぶことができるのも、この学科の特長です。

いちばん好きな授業は?

「生産実習」です。もともとパターンを引くことが好きだったんですが、ポケットや裾などの新しい仕様を勉強するのがとくに楽しかったです。今まで挑戦したことのない技術を身につけるたび、服づくりの制作範囲がぐんと広がっていきました。

文化を選んだ理由は?

工業高等専門学校に在学中に「パタンナー」という職業を知り、これまで学んできたものづくりとファッションへの興味の両方を満たすことができると思いました。そこで、服飾の学校の中でも、知識だけでなく技術も身につけることができると評判の文化服装学院に入学を決めました。

アパレル技術科の教室は、作業のしやすさを大切にしています。また、常に誰かが何かをつくっている場所です。

文化での思い出は?

学生生活で一番力を入れていたことも、やはり技術の習得です。毎回の課題では必ず1カ所はこれまで挑戦したことのない仕様や素材を取り入れることを心掛けました。また、課題の提出期限は、社会に出たら納期に変わります。そこで計画をしっかり立て、期限内の提出を守り続けました。

内定までの道のりは?

本格的に始めたのは3年生の6月に行われた就活展示会からです。このイベントは文化の学生が自分たちのブースを設け、そこで作品やポートフォリオを展示。訪れた企業の採用担当者からのオファーを待ちます。この経験を機に、仕事に対する意識が変わり、技術以外のコミュニケーション能力も磨くなど、積極的に活動するようになりました。

将来の目標を教えてください。

内定先は、自分が一番好きなブランドです。入社前の研修で、社員の方々の知識・技術の高さに驚かされたのですが、とくに、その作業スピードではプロの凄さをまざまざと見せつけられてしまいました。どうやったらもっと速くできるようになるかを自ら学び取り、一日も早くプロの仲間入りをすることが目標です。

入学を考えている方へ一言。

文化は本当にファッションを学ぶ環境が充実しています。図書館はもちろん、生産管理実習室の工業用ミシンなど、社会に出てから触れることの多い設備を学生のうちから触れることができるのはとても大きいと思います。技術を本気で学びたい方はぜひ文化へ。

作品・お気に入り紹介

※写真をクリックすると拡大できます

文服生のある一日

あらかじめ段取りを考えておくことです。CAD室の使える時間、作業台の広い教室でやりやすいこと、家のパソコンでやること、今やらなくてはいけないことなど優先順位を決めて作業をします。

プライベートも充実!

ファッションに限らず、さまざまなアーティストやジャンルの美術館、展示を見に行くことが好きです。面白い作品や新しい価値観に出会うことで、自分の引き出しが増えることがうれしいですね。また、よく街でファッションの観察もしています。

  • 好きな音楽

    インスト、ポストロックなど

  • 好きなブランド・ショップ

    Jane Marple
    クラシックなデザインが他にないので好きです。

  • 好きな雑誌

    FUDGE、装苑など。写真が素敵です。

TOP