画像:松田里菜 全身写真

画像:松田里菜 学内

服づくりの技術を習得した後、大好きな帽子製作の道へ。
磨き上げた表現力で着実に夢へ近づきたい。

服づくりについては、高校時代に基礎をマスター。
今度は大好きな帽子づくりをしたいとBUNKAへ。
充実した設備の中、積極的に先生の指導を仰ぎながら技術力アップを図り、制作の質にもこだわりました。
そして、憧れの企業で働くことが決定。
「自分のアトリエを持つ」夢に向かって、さらにスキルを高めていきたいです。

画像:松田里菜 学内

どんなことを学ぶ学科(コース)?

ファッショングッズの基礎を学ぶ1年次を経て、2年次からは素材の特性を理解しながら帽子やジュエリーの創造力を体得します。3年次には帽子とジュエリーのどちらかを選択し、さらに専門性を高めていきます。私は大好きな帽子づくりに没頭する毎日を過ごしました。

なぜBUNKAを選んだの?

服づくりについては高校時代から専門的に学び、スーツやジャケットをつくるスキルを身につけていました。ものづくりが本当に好きで、今度は自分がコーディネートによく取り入れている帽子をつくれるようになりたいと思い、設備が充実しているBUNKAに入学しました。

オススメの授業は?

「ハンディクラフト」帽子の装飾品となるモチーフを制作する授業です。刺繍や編みものなどの技術が身につき、どのような装飾を施せば効果的かといった技法の選択眼も磨けます。

BUNKAでの思い出は?

3年次の文化祭ファッションショー。私はラストのシーンのヘッドアクセサリーづくりを担当しましたが、デザインがなかなか決まらず苦労しました。衣装全体のデザインを考えるチームと打合せを重ね、何度も提案してようやく決定した時は本当にほっとしました。完成したのは、スワロフスキーをたくさん使った豪華なアクセサリー。思い出に残る1品になりました。

画像:松田里菜 学内

内定までの流れは?

内定先は独創的な帽子を数多くつくり出している企業で、いくつか帽子を購入するなど以前から注目していました。定期採用をしていない会社なので半ば諦めていたのですが、たまたま欠員が出たことを知り、電話で採用について問い合わせました。面接で作品を持参したところ、「当社のコンセプトと合っている」と評価していただき、採用へ。諦めずに挑戦して本当に良かったです。

これからの目標は?

入社後は帽子の最終工程である装飾を担当するので、まずは周りの作業スピードに遅れないようスキルを高めたいと思っています。
いずれは自分のアトリエを持つことが目標。高校時代に身につけた服づくりのスキルも活かしながら、帽子だけでなくファッショングッズ全般を手掛けていきたいです。自分の手でつくったものを気に入って購入してくださるお客さまに出会えたらうれしいですね。

学生生活で得られたことは?

創造力。入学時には想像もできなかったものをつくるようになった、と感じます。それは、多くの素材について知識を得たことと、BUNKAのさまざまな科の学生の作品に触れることで表現の幅が広がったことによるもの。多種多様な素材の中から最適なものを選び、柔軟な発想でイメージを形にすることができるようになったと感じています。

成長の秘訣は?

わからないことはそのままにせず、まず自分で追究した上で先生に聞いて解決すること。そして、時間がかかっても納得がいくまで仕上がりにこだわること。それを3年続けた結果、ある程度のレベルまでクリエイティブスキルを高めることができたと思います。

入学を考えている人へ

BUNKAは自分が好きなことに思う存分向き合える場所。充実した設備も、高い技術を丁寧に教えてくださる先生もいます。ものづくりに没頭する幸せな時間が、ここであなたを待っています!

松田里菜

松田里菜

松田里菜

松田里菜

文化生のある一日

家ではできない作業も多いので、放課後は学校が閉まるまで残って課題に取り組んでいます。通学では1時間以上電車に乗るので、編みものをして帽子の装飾に使うパーツをつくったりすることも。

プライベートも充実

K-POPにはまっていて、空き時間にはDVDを見てテンションアップ。カラフルな衣装やゴージャスなセットから、ものづくりのインスピレーションを得ることもあります。

好きな音楽

K-POP、J-POP:明るくてガチャガチャしている(笑)音楽が好きです。

好きなブランド・ショップ

古着屋:1点ものやお気に入りのアイテムがよく見つかるから。

好きな雑誌

ROCKIN'ON JAPAN:ファッション系の雑誌よりも、趣味の音楽雑誌を読むことが多いです。

尊敬・影響を受けている人

堂本剛:アイドルなのに幅広い分野で活躍する多才なところに惹かれます。

作品・お気に入り紹介

※写真をクリックすると拡大できます

ライトボックス

ジュエリー"地球のリング"

ライトボックス

卒業制作"恐竜の骨のコスチューム"

btn

原田 茜
服飾科

btn

林 穂奈美
服飾研究科

btn

鬼塚 創
ファッション高度専門士科

btn

三田 千聡
アパレルデザイン科

btn

陳 夢琳
アパレルデザイン科
メンズデザインコース

btn

有賀 春菜
アパレル技術科

btn

大和田 萌
アパレル技術科
生産システムコース

btn

磯部 太郎
インダストリアル
マーチャンダイジング科

btn

安部 花
ニットデザイン科

btn

佐藤 遥菜
ファッション流通科
スタイリストコース
Real Voice of bfc Student

btn

btn

磯部 太郎
インダストリアル
マーチャンダイジング科

btn

安部 花
ニットデザイン科

btn

佐藤 遥菜
ファッション流通科
スタイリストコース

btn

神谷 茉依
ファッション流通科
ショップスタイリストコース

btn

松橋 和弥
ファッション流通科
リテールプランニングコース

btn

松原 有希
ファッション流通科
ファッションモデルコース
Real Voice of bfc Student

btn

btn

神谷 茉依
ファッション流通科
ショップスタイリストコース

btn

松橋 和弥
ファッション流通科
リテールプランニングコース

btn

松原 有希
ファッション流通科
ファッションモデルコース

btn

大芦 菜摘
ファッション流通科
ファッションメイクアップコース

btn

近藤 美由紀
ファッションテキスタイル科

btn

松田 里奈
帽子・ジュエリーデザイン科

btn

金 蓏經
バッグデザイン科

btn

申 有娜
シューズデザイン科

btn

庄田 有希
Ⅱ部服飾科
Real Voice of bfc Student

btn

to top