画像:鬼塚 創 全身写真

画像:鬼塚 創 学内

4年間の学びを通じて手にした自分のスタイルを武器に、
地方でファッションを発信するデザイナーとして
生涯活躍したい。

ファッションを仕事にする自信をなくしかけていた時、「SOMARTA」でインターンシップを経験したことがターニングポイントに。
コンプレックスを逆手に取る自分のスタイルを確立し、アパレル生産が盛んな地方を拠点に、多くの人に評価される普遍的なファッションを打ち出していく。
その夢の実現に向かって、これからも学びを深めていきます。

画像:鬼塚 創 学内

どんなことを学ぶ学科(コース)?

1・2年次では服づくりやファッションビジネスの基礎を学びます。3年次以降は各自の志望や適性に合わせて授業を選択し、それぞれにおける専門的な知識や技術を身につけていきます。僕は「クリエーション」に力を入れ、4年次には8体の服をつくる課題「マイコレクション」を軸に、デザインの勉強をしています。

なぜBUNKAを選んだの?

ファッションの世界でプロフェッショナルとして活躍できる力が身につくと考えたから。オープンキャンパスを訪れた時、「課題が多く、期限内に提出していくのが大変」と先輩から話を伺い、そのハードルを乗り越えていけば着実に実力を高められると思い、入学を決めました。

オススメの授業は?

4年間を通して受ける服を作る授業です。デザイン発想からパターンの起こし方、縫製まで服づくりの工程を一貫して学びます。服づくりのプロとしてのベースとなる力を養っている実感が得られます。

BUNKAでの思い出は?

3年生の秋、BUNKAのOGである廣川玉枝さんのブランド「SOMARTA」でのインターンシップに参加したこと。僕はショー準備のサポートとしてちょっとした縫製などを担当しました。表現にとことんこだわるスタッフたちの様子に、ファッションの世界で仕事をする楽しさややりがいを感じ、「やはりこの分野で生きていきたい!」と決意を新たにしました。

画像:鬼塚 創 学内

内定までの流れは?

文化ファッション大学院大学(BFGU)に進学します。この4年で身につけたことをさらに深め、発想力やデザイン力をもっともっと高めていきたいと考えています。BFGUの先生方が高度専門士科で行った講義も何度か受講しており、学べることや環境について背景知識があったことも進学を決めた理由の1つです。

これからの目標は?

東京にこだわらず、日本の「地方」からファッションを発信していきたい。現在、地方への注目度が高まり、それぞれの地域の個性も確立してきていると感じます。高品質なアパレル素材を生産している地域も多いので、そうしたところを拠点に服づくりをし、世代を超えて評価される「美しい服」を発信していきたいと考えています。そして、デザイナーとして一生涯活躍することが目標です。

学生生活で得られたことは?

自分のスタイル。人のコンプレックスを欠点として捉えず、服を通じて「個性」として昇華し活かすことが僕のスタイル。これは、BUNKAでの試行錯誤の末に手にしたものです。

成長の秘訣は?

「身体が小さい」といった悩みを自分のことだけで終わらせず、同様のコンプレックスを持つ人たちに喜ばれるような問題解決型の服づくりを心がけたこと。また、「服を通じて多くの人の悩みを払拭し、幸せにしたい」という気持ちをいつも意識していました。

入学を考えている人へ

初めて知ること・経験することばかりで最初は大変かもしれませんが、基本をおろそかにせず一つひとつマスターしていけば、その先に無限の可能性が広がる。それがBUNKAの学びです。確かに課題は多いけれど、先生方の指導は丁寧で、手を動かすことで技術が着実に身につきます。服づくりへの意欲や情熱がある方、ぜひBUNKAで会いましょう!

鬼塚 創

鬼塚 創

鬼塚 創

鬼塚 創

文化生のある一日

自分の「引き出し」の中身を増やすため、忙しい時期でも時間をつくって本を読むようにしています。選ぶのは話題になった本が多いです。

プライベートも充実

休日はリフレッシュする時間として、インターネットでものづくりのヒントになりそうな画像を探したり、マイコレクションに関わる資料を見たりして、ゆっくり過ごします。時には新宿で市場調査も。いろいろなショップに入り、アイテムのディテールなどをチェックしています。

好きな音楽

特にありません。

好きなブランド・ショップ

Hussein Chalayan:削ぎ落とされたソリッドなデザインに憧れます。

好きな雑誌

広告:広告代理店の博報堂が発行している雑誌。ファッション以外のクリエイティブも魅力的です。

尊敬・影響を受けている人

宮崎駿:作品を見て「救われた」と感じたことも。根源にある宮崎さんの考えに、深い共感を覚えます。

作品・お気に入り紹介

※写真をクリックすると拡大できます

ライトボックス

作品①

ライトボックス

作品②

ライトボックス

作品③

ライトボックス

作品④

btn

原田 茜
服飾科

btn

林 穂奈美
服飾研究科

btn

鬼塚 創
ファッション高度専門士科

btn

三田 千聡
アパレルデザイン科

btn

陳 夢琳
アパレルデザイン科
メンズデザインコース

btn

有賀 春菜
アパレル技術科

btn

大和田 萌
アパレル技術科
生産システムコース

btn

磯部 太郎
インダストリアル
マーチャンダイジング科

btn

安部 花
ニットデザイン科

btn

佐藤 遥菜
ファッション流通科
スタイリストコース
Real Voice of bfc Student

btn

btn

磯部 太郎
インダストリアル
マーチャンダイジング科

btn

安部 花
ニットデザイン科

btn

佐藤 遥菜
ファッション流通科
スタイリストコース

btn

神谷 茉依
ファッション流通科
ショップスタイリストコース

btn

松橋 和弥
ファッション流通科
リテールプランニングコース

btn

松原 有希
ファッション流通科
ファッションモデルコース
Real Voice of bfc Student

btn

btn

神谷 茉依
ファッション流通科
ショップスタイリストコース

btn

松橋 和弥
ファッション流通科
リテールプランニングコース

btn

松原 有希
ファッション流通科
ファッションモデルコース

btn

大芦 菜摘
ファッション流通科
ファッションメイクアップコース

btn

近藤 美由紀
ファッションテキスタイル科

btn

松田 里奈
帽子・ジュエリーデザイナー科

btn

金 蓏經
バッグデザイン科

btn

申 有娜
シューズデザイン科

btn

庄田 有希
Ⅱ部服飾科
Real Voice of bfc Student

btn

to top