Back Number

Real Voice of BFC Student 2015

帽子・ジュエリーデザイン科
大熊 舞
Mai Okuma

埼玉県立鴻巣女子高等学校卒業

就職先:
bona art studio
彫金加工
大熊 舞
大熊 舞
好きなブランド
Abheri(クラシカルなデザイン、繊細な細工に魅かれるジュエリーブランドです)
好きな雑誌
spoon.(独特なかわいい世界観が好きで毎号欠かさず愛読しています)
マイコーディネイト
サマンサモスモスのワンピースを引き立てるように、全体的に白黒でシックにまとめました。左手中指にはめた水色のラブラドライトの石をあしらったリングは自作です。
ゼロからのスタートでも”好き”という気持ちが原動力に。ゼロからのスタートでも”好き”という気持ちが原動力に。ゼロからのスタートでも”好き”という気持ちが原動力に。
金工実習室の中にあるジュエリー専門の実習室にて。
授業はもちろん、課題制作や昼食、友達とのおしゃべりもここで一日中過ごすのが定番。
一年次に制作したブローチ。不思議の国のアリスに登場するハートの女王さまをモチーフに。
一年次に制作したブローチ。不思議の国のアリスに登場するハートの女王さまをモチーフに。
学内コンテストで佳作を受賞したレリーフは二年次に手がけたもの。テーマは「木漏れ日」。
学内コンテストで佳作を受賞したレリーフは二年次に手がけたもの。テーマは「木漏れ日」。
振り子時計からアイディアを受けたネックレス。石留めと赤銅を黒く染める技法を用いている。
振り子時計からアイディアを受けたネックレス。石留めと赤銅を黒く染める技法を用いている。
卒業制作作品。銀線細工で構成したクラシカルでいて繊細なネックレスとイヤリングに。
卒業制作作品。銀線細工で構成したクラシカルでいて繊細なネックレスとイヤリングに。
ジュエリーに欠かせない愛用の工具を並べて。その数、20種以上。そのどれもが小ぶりで細い。
ジュエリーに欠かせない愛用の工具を並べて。その数、20種以上。そのどれもが小ぶりで細い。
緻密に描かれたデザイン画も美しい。器用で妥協しない職人気質の性格が表れている証拠。
緻密に描かれたデザイン画も美しい。器用で妥協しない職人気質の性格が表れている証拠。
帽子・ジュエリーデザイン科の教室。一クラスのみで10人ほどが在籍する。
帽子・ジュエリーデザイン科の教室。一クラスのみで10人ほどが在籍する。
Questions & Answers
この科の特徴は?
帽子、ジュエリーの二つを中心にファッションアクセサリーについて幅広く学びます。様々な素材を使用し、多彩な装飾技法で独創的なアイディアを作品として形にしていくことができます。三年次に進むと、帽子かジュエリーのどちらかを選択し、より専門性を高めていきます。まったくの素人から入っても大丈夫。私も入る前はジュエリーを何一つもつくれませんでしたが、この3年間でジュエリーを最初から最後まで自分の手でつくれるまでに成長しました。
文化服装学院を選んだ理由は?
小さい頃からアクセサリーのハンドメイドが好きで、そういう仕事がしたいと考えていました。高校では家政科に入って服作りを学びましたが、その時に私は服じゃなくてアクセサリーをつくるほうが合っていると確信。でも具体的にどんなアクセサリーをつくりたいのか、まだその時はわかりませんでした。文化は一年次のファッショングッズ基礎科でバッグ、シューズ、帽子、ジュエリーを一通り学んだ後、二年次に自分の進みたいコースを選択し、より専門的に知識を深めていきます。つまり最初の一年間で自分のやりたいこと、自分がどれに合っているのか適正を見極められることができるのです。こういうカリキュラムは他の学校ではあまりなかったので、それが決め手となり、文化に入学しました。
この科を選んだ理由は?
緻密の作業に魅かれてジュエリーを選びました。言葉にするのは難しいのですが、銀の塊が変化してジュエリーへと形を変えて行くことにロマンを感じました。それとアクセサリー全般をやってみて一番難しいと感じたのがジュエリーでした。もっとうまくなりたいと思っているうちに、どんどん魅入られてきました。
好きな授業は?
まさにジュエリーの授業です。つくり方を何も知らなかった私がジュエリー業界に就職したいと思ったのはこの授業があったおかげです。様々な工具を使い、緻密な工程を経て最後に磨き上げて完成した作品には愛着がわきます。服とは違い、ジュエリーは直しのきかない一発勝負がほとんどです。例えばシルバーやゴールドは火に通すと溶けるので予測不可能な事態がたくさん起こります。だから制作中はいつもハラハラしますが、その反面すごく楽しいと感じます。ちなみに私は繊細なデザインが好きで、石をたくさん使い、その石を留めていく作業が好きです。
思い出に残ったことは?
クラスメイトと家族みたいな存在になれたことです。また、ファッション工芸専門課程の学生はみんな同じ建物で3年間過ごすので、自分の科だけでなく他の科の人とも仲良くなれます。文化祭のショー作品を手がける際は服について学んでいる科の学生たちとの共同作業もあるので、それがきっかけで仲良くなることもあります。文化で生まれた人脈は思っていた以上に大きかったです。
学生生活で大切なことは?
学院行事のショー、学内外のコンテスト、企業とのコラボなど、課題以外の様々な制作が目白押しです。そのため課題作品になかなか手をつけられないこともありました。削れるところは削り、時間を有効活用することが大切かなと思います。辛いですが、それを乗り越えたら自分の技術もレベルアップするはずです。その成長ぶりに自分自身が一番びっくりしています。
将来の目標は?
美しいジュエリーをつくる一人前の職人になりたいです。そのためには自分に任せられた仕事をこなしていけるようになるのが第一の目標。知識と技術と経験を積み重ねていき、この世界で仕事を続けていきたいと思っています。
一日を円グラフで表すと?
円グラフ
通学時間が一時間半ほどあるので移動中はもっぱら読書。いつも課題のことで頭がいっぱいになってしまうので、本を読んでリラックスしていました。作品のアイディアを本の中から受けることも多いですね。休日は散歩して体を動かしたり、趣味の編み物をしたりと、ゆっくり過ごすようにしています。
一年次に制作したブローチ。不思議の国のアリスに登場するハートの女王さまをモチーフに。
一年次に制作したブローチ。不思議の国のアリスに登場するハートの女王さまをモチーフに。
学内コンテストで佳作を受賞したレリーフは二年次に手がけたもの。テーマは「木漏れ日」。
学内コンテストで佳作を受賞したレリーフは二年次に手がけたもの。テーマは「木漏れ日」。
振り子時計からアイディアを受けたネックレス。石留めと赤銅を黒く染める技法を用いている。
振り子時計からアイディアを受けたネックレス。石留めと赤銅を黒く染める技法を用いている。
卒業制作作品。銀線細工で構成したクラシカルでいて繊細なネックレスとイヤリングに。
卒業制作作品。銀線細工で構成したクラシカルでいて繊細なネックレスとイヤリングに。
ジュエリーに欠かせない愛用の工具を並べて。その数、20種以上。そのどれもが小ぶりで細い。
ジュエリーに欠かせない愛用の工具を並べて。その数、20種以上。そのどれもが小ぶりで細い。
緻密に描かれたデザイン画も美しい。器用で妥協しない職人気質の性格が表れている証拠。
緻密に描かれたデザイン画も美しい。器用で妥協しない職人気質の性格が表れている証拠。
帽子・ジュエリーデザイン科の教室。一クラスのみで10人ほどが在籍する。
帽子・ジュエリーデザイン科の教室。一クラスのみで10人ほどが在籍する。
一年次に制作したブローチ。不思議の国のアリスに登場するハートの女王さまをモチーフに。
一年次に制作したブローチ。不思議の国のアリスに登場するハートの女王さまをモチーフに。
学内コンテストで佳作を受賞したレリーフは二年次に手がけたもの。テーマは「木漏れ日」。
学内コンテストで佳作を受賞したレリーフは二年次に手がけたもの。テーマは「木漏れ日」。
振り子時計からアイディアを受けたネックレス。石留めと赤銅を黒く染める技法を用いている。
振り子時計からアイディアを受けたネックレス。石留めと赤銅を黒く染める技法を用いている。
卒業制作作品。銀線細工で構成したクラシカルでいて繊細なネックレスとイヤリングに。
卒業制作作品。銀線細工で構成したクラシカルでいて繊細なネックレスとイヤリングに。
ジュエリーに欠かせない愛用の工具を並べて。その数、20種以上。そのどれもが小ぶりで細い。
ジュエリーに欠かせない愛用の工具を並べて。その数、20種以上。そのどれもが小ぶりで細い。
緻密に描かれたデザイン画も美しい。器用で妥協しない職人気質の性格が表れている証拠。
緻密に描かれたデザイン画も美しい。器用で妥協しない職人気質の性格が表れている証拠。
帽子・ジュエリーデザイン科の教室。一クラスのみで10人ほどが在籍する。
帽子・ジュエリーデザイン科の教室。一クラスのみで10人ほどが在籍する。