Back Number

Real Voice of BFC Student 2015

バッグデザイン科
丸山 一
Hajime Maruyama

東京都立八王子桑志高等学校卒業

就職先:
土屋鞄製造所
デザイナー
丸山 一
丸山 一
好きなブランド
無印良品(色使いやシンプルなところ。BGMも出しており、流すと作業がはかどります)
好きな雑誌
Free and Easy(オヤジっぽい格好がしたいので)
日本の革(様々な革の情報が載っています)
マイコーディネイト
ワークスタイルをベースに、シャツとネクタイを合わせて少しかっちりした印象を出してみました。バックパックは二年次に手がけた作品。通学鞄として毎日背負ってます。
グッズ全般を学んだことでバッグづくりがもっと楽しくなりました。グッズ全般を学んだことでバッグづくりがもっと楽しくなりました。グッズ全般を学んだことでバッグづくりがもっと楽しくなりました。
レザー保管庫にて。
素材も色も加工も異なる様々なレザーが壁一面にある様は迫力満点。ファッション工芸専門課程の学生がよく出入りするなじみの場所だ。
三年次、口がねの応用で手がけたボストンバッグ。芝生をイメージし、前後違うデザインに。
三年次、口がねの応用で手がけたボストンバッグ。芝生をイメージし、前後違うデザインに。
三年次、口がねの応用で手がけたボストンバッグ。芝生をイメージし、前後違うデザインに。
TLFレザーコンテストで最終審査まで残った作品。「首からぶら下げるバッグ」がコンセプト。
TLFレザーコンテストで最終審査まで残った作品。「首からぶら下げるバッグ」がコンセプト。
金槌、目打ち、革包丁はバッグづくりに欠かせない。様々な過程で使う残布も大切な道具。
金槌、目打ち、革包丁はバッグづくりに欠かせない。様々な過程で使う残布も大切な道具。
卒業制作で財布をつくっているところ。金槌を打つ姿も様になり、3年間の成果が表れている。
卒業制作で財布をつくっているところ。金槌を打つ姿も様になり、3年間の成果が表れている。
革を縫う専用のミシンが並ぶ実習室。放課後になると課題をやる学生でいっぱいになる。
革を縫う専用のミシンが並ぶ実習室。放課後になると課題をやる学生でいっぱいになる。
Questions & Answers
この科の特徴は?
鞄や財布などの小物をデザインします。魅力は、基礎がしっかり学べること。身につける場所やサイズが決まっている靴や帽子と違い、鞄は物が入ればどんな形のものもつくれるメリットがあります。だから基礎を固めたところでどこまで自由な発想でデザインできるかが重要です。知識やテクニックを含め、その可能性をレベルの高いところまで持っていき挑戦できるのがこの科のいいところです。
文化服装学院を選んだ理由は?
高校生の時にここのサマーセミナーを受け、その時相談した先生の親切な対応が最大の決め手になりました。また、革漉き機など、他の学校ではなかなか見られない特殊な機械があったりと、充実した施設も選ぶポイントになりました。
この科を選んだ理由は?
小さい頃から布製のポーチや鞄をつくるのが好きで、高校ではデザイン専門の学科に通っていました。実はファッションには文化に入学するまで興味がなく服のこだわりはゼロ。寝巻きで出かけてもいいくらいなほどでした(笑)。でも鞄だけは凝っていましたし、次第に鞄職人になりたいと思うようになりました。だからバッグデザイン科は迷わず選びました。一年次のファッショングッズ基礎科で帽子もジュエリーもシューズも学んだことは大きかったです。靴や帽子のテクニックを鞄に応用してみようとか、彫金技術で鞄の付属をつくってみようとか、視野がすごく広がったのが分かります。ファッションや服を意識した鞄づくりという姿勢も文化に入ってから培われました。服装も気にかけるようになりました(笑)。もし他の鞄専門の学校に通っていたらそういうことは身につかなかったかもしれません。
好きな授業は?
バッグの授業です。自分のつくりたいサイズ、形、ポケットの数など、すべて自分好みにつくることができるので嬉しくてたまりません。コンセプトを考えて頭に浮かんだイメージに沿ってつくるというよりは、素材を触りながら手感覚でフォルムを決めてつくっていく流れのほうが自分には合っているようです。でもあらためて考えると正直、実習も座学も含めて全部の授業が好きです。何を教わってもバッグのデザインにつながり、こうもできる、あれもできるといった選択肢が増えました。
思い出に残ったことは?
入学前はテキスタイルに興味があり、布製の鞄ばかりに注目していました。でも文化に入学してからはバッグの授業では革がメイン。どうしてだろうと先生に尋ねたら、失敗すると縫い穴ができてしまいやり直しがきかない革をマスターすれば、布をはじめどんな素材でも完成度の高い鞄をつくることができるからだと教えてくれました。目からウロコでした。それからは革の魅力にどっぷりはまりました。布製の鞄をつくった経験があるとはいっても革を使った本格的な鞄づくりをするのは文化に入ってから。最初は全然うまくつくれず時間がかかりました。でも妥協はしたくなくて、そのジレンマに悩まされました。でも今ではだいぶスピードがアップし、つくりたい物を形にできるようになりました。自分が成長したと思うと感慨深いです。
学生生活で大切なことは?
一日を忙しくすることも時間に余裕をつくることも自分次第。学業、遊び、アルバイトなどの予定を上手に調整できたら楽しい日々が送れると思います。あとは好きなブランドを持つことはいいことですが、それに固執せず、いろいろなブランドを見て柔軟性を高めることで視野が広がると思います。
将来の目標は?
職人として基本をすべてマスターし、思い通りの鞄をつくれるようになりたいです。
一日を円グラフで表すと?
円グラフ
課題ができなくなるので、アルバイトはなるべく早朝に入れていました。時間がある時は自宅でギターの練習をしたり、映画鑑賞をしたり、深夜にランニングしたりして、頭と心をリフレッシュ。
三年次、口がねの応用で手がけたボストンバッグ。芝生をイメージし、前後違うデザインに。
三年次、口がねの応用で手がけたボストンバッグ。芝生をイメージし、前後違うデザインに。
三年次、口がねの応用で手がけたボストンバッグ。芝生をイメージし、前後違うデザインに。
TLFレザーコンテストで最終審査まで残った作品。「首からぶら下げるバッグ」がコンセプト。
TLFレザーコンテストで最終審査まで残った作品。「首からぶら下げるバッグ」がコンセプト。
金槌、目打ち、革包丁はバッグづくりに欠かせない。様々な過程で使う残布も大切な道具。
金槌、目打ち、革包丁はバッグづくりに欠かせない。様々な過程で使う残布も大切な道具。
卒業制作で財布をつくっているところ。金槌を打つ姿も様になり、3年間の成果が表れている。
卒業制作で財布をつくっているところ。金槌を打つ姿も様になり、3年間の成果が表れている。
革を縫う専用のミシンが並ぶ実習室。放課後になると課題をやる学生でいっぱいになる。
革を縫う専用のミシンが並ぶ実習室。放課後になると課題をやる学生でいっぱいになる。
三年次、口がねの応用で手がけたボストンバッグ。芝生をイメージし、前後違うデザインに。
三年次、口がねの応用で手がけたボストンバッグ。芝生をイメージし、前後違うデザインに。
三年次、口がねの応用で手がけたボストンバッグ。芝生をイメージし、前後違うデザインに。
TLFレザーコンテストで最終審査まで残った作品。「首からぶら下げるバッグ」がコンセプト。
TLFレザーコンテストで最終審査まで残った作品。「首からぶら下げるバッグ」がコンセプト。
金槌、目打ち、革包丁はバッグづくりに欠かせない。様々な過程で使う残布も大切な道具。
金槌、目打ち、革包丁はバッグづくりに欠かせない。様々な過程で使う残布も大切な道具。
卒業制作で財布をつくっているところ。金槌を打つ姿も様になり、3年間の成果が表れている。
卒業制作で財布をつくっているところ。金槌を打つ姿も様になり、3年間の成果が表れている。
革を縫う専用のミシンが並ぶ実習室。放課後になると課題をやる学生でいっぱいになる。
革を縫う専用のミシンが並ぶ実習室。放課後になると課題をやる学生でいっぱいになる。