Back Number

Real Voice of BFC Student 2015

シューズデザイン科
北村華英
Kaei Kitamura

東洋大学卒業

就職先:
マドラス株式会社
企画
北村華英
北村華英
好きな音楽
Perfume、星野源、東京事変、椎名林檎(音楽性だけでなく、演出や衣装も楽しめるところ)
好きな雑誌
FUDGE(雰囲気がよくて、扱うブランドのステージの幅が広いと思います)
マイコーディネイト
ルミネで購入したニットとショートパンツを合わせてシンプルシックにまとめました。高円寺の古着屋で見つけたデッドストックのショートブーツはかかとのラインが気に入っています。パンプスとブーツ派で、スニーカーはほとんど履きません。
手に職をつける環境が整った場で充実した学生生活を送っています。手に職をつける環境が整った場で充実した学生生活を送っています。手に職をつける環境が整った場で充実した学生生活を送っています。
靴専用ミシンのある実習室にて。
ファッション工芸専門課程の学生は3年間一つの建物で過ごすため、クラスメイトだけでなく帽子・ジュエリーデザイン科とバッグデザイン科のみんなとも仲良しです。
一年次に制作したモカシン。難しくて自分らしさを十分出し切れなかったという思い出の品。
一年次に制作したモカシン。難しくて自分らしさを十分出し切れなかったという思い出の品。
自らの足を採寸して手がけたラスト(木型)も三年次の作品。
自らの足を採寸して手がけたラスト(木型)も三年次の作品。
三年次につくった最初の作品がブーツ。デザイン画通りの忠実なつくりは一目瞭然!
三年次につくった最初の作品がブーツ。デザイン画通りの忠実なつくりは一目瞭然!
三年次につくった最初の作品がブーツ。デザイン画通りの忠実なつくりは一目瞭然!
卒業制作はブーツ4点。バッグの持ち手をモチーフにしたエレガントでいて個性光るデザインに。
卒業制作はブーツ4点。バッグの持ち手をモチーフにしたエレガントでいて個性光るデザインに。
卒業制作はブーツ4点。バッグの持ち手をモチーフにしたエレガントでいて個性光るデザインに。
靴づくりに欠かせない主要な道具たち。3年間使い続けただけあって、いい味わいになっている。
靴づくりに欠かせない主要な道具たち。3年間使い続けただけあって、いい味わいになっている。
Questions & Answers
この科の特徴は?
一年次はファッショングッズ基礎科で、バッグ、靴、アクセサリー、帽子など小物全般について幅広く学びます。二年次に進む際、その中から自分の好きな専攻を選びます。私のいるシューズデザイン科は設備も充実しており、つくりたい靴が思う存分つくれるのが魅力です。先生も丁寧に教えてくれ、座学で深い知識を得ることができ、靴が好きでつくりたいと思っている人にはおすすめです。
文化服装学院を選んだ理由は?
大学で経営学を専攻していたのですが、就職を意識した際、自分はそういう仕事をしたくないと思い始め、売るための仕組みよりも売るものをつくりたい気持ちが大きくなっていました。ファッションはもともと好きでしたが、服をつくる人はたくさんいるから、自分はファッショングッズをつくる人になりたいと思うようになり、いろいろ調べているうちに文化の存在を知りました。ファッショングッズでも具体的に何がいいのか迷いました。けれど文化では、最初の一年でファッショングッズを一通り勉強し、自分の適正に合うものを慎重に探すことができます。他の学校ではそういうカリキュラムではないので、文化への入学を決意しました。
この科を選んだ理由は?
一年次に2足の靴を手がけたときはあまりにも難しく、ただ先生の言われた通りにつくっただけでした。そんな自分がシューズデザイン科を選んだのは自分の足のサイズが平均女性よりも少し大きい24.5cmあり、なかなか可愛いデザインの靴が見つからないからでした。難しいことですが、靴づくりを極め、いつか自分のような人にも満足してもらえる靴をつくれるようになりたいと思ってこの科を選びました。
好きな授業は?
やっぱり靴をつくる授業です。パターンの引き方やミシンのつかい方など靴に関するすべてを学びます。三年次にもなるとかなり本格的な靴づくりに取り組み、知識と技術を身につけ自分のつくりたいものがつくれるようになります。ちなみに私はパンプス好き。土踏まずの底とアッパーの間にある曲線美に惹かれます(笑)。
思い出に残ったことは?
やっぱり3年間同じ場所でものづくりに励んだことです。多くの課題は学院の設備を使わないとできないものばかり。先生のおかげで夜遅くまで居残れたので、できる限り学院で課題を終わらせるようにしていました。その中で得た自分なりのデザイン論や体験した日々は一生忘れません。
学生生活で大切なことは?
皆勤と課題の完成度と提出期限の厳守です。私は大卒の人間で、他の学生よりも歳上なので、入学当初から「私はできて当然」と思うようにしていました。それと、文化でしかできないおもしろいこと、ためになりそうなことは積極的にやろうと思い、学友会誌「SUMIRE」の編集委員を務めました。高い目標を持って充実した日々を送れば、創作にもプライベートにもプラスの面が現われると思います。
将来の目標は?
一人前のシューズデザイナーになり、仕事もプライベートも充実させたいです。文化で靴づくりに出会い、本当に感謝しています。靴の仕事にはずっと携わっていくつもりです。
一日を円グラフで表すと?
円グラフ
朝一番に1日のスケジュールを立てるようにしています。先生が遅くまで教室を開けてくれるので、学院にいる間は無駄な時間がないように心がけています。
一年次に制作したモカシン。難しくて自分らしさを十分出し切れなかったという思い出の品。
一年次に制作したモカシン。難しくて自分らしさを十分出し切れなかったという思い出の品。
三年次につくった最初の作品がブーツ。デザイン画通りの忠実なつくりは一目瞭然!
三年次につくった最初の作品がブーツ。デザイン画通りの忠実なつくりは一目瞭然!
三年次につくった最初の作品がブーツ。デザイン画通りの忠実なつくりは一目瞭然!
自らの足を採寸して手がけたラスト(木型)も三年次の作品。
自らの足を採寸して手がけたラスト(木型)も三年次の作品。
卒業制作はブーツ4点。バッグの持ち手をモチーフにしたエレガントでいて個性光るデザインに。
卒業制作はブーツ4点。バッグの持ち手をモチーフにしたエレガントでいて個性光るデザインに。
卒業制作はブーツ4点。バッグの持ち手をモチーフにしたエレガントでいて個性光るデザインに。
靴づくりに欠かせない主要な道具たち。3年間使い続けただけあって、いい味わいになっている。
靴づくりに欠かせない主要な道具たち。3年間使い続けただけあって、いい味わいになっている。
一年次に制作したモカシン。難しくて自分らしさを十分出し切れなかったという思い出の品。
一年次に制作したモカシン。難しくて自分らしさを十分出し切れなかったという思い出の品。
自らの足を採寸して手がけたラスト(木型)も三年次の作品。
自らの足を採寸して手がけたラスト(木型)も三年次の作品。
三年次につくった最初の作品がブーツ。デザイン画通りの忠実なつくりは一目瞭然!
三年次につくった最初の作品がブーツ。デザイン画通りの忠実なつくりは一目瞭然!
三年次につくった最初の作品がブーツ。デザイン画通りの忠実なつくりは一目瞭然!
卒業制作はブーツ4点。バッグの持ち手をモチーフにしたエレガントでいて個性光るデザインに。
卒業制作はブーツ4点。バッグの持ち手をモチーフにしたエレガントでいて個性光るデザインに。
卒業制作はブーツ4点。バッグの持ち手をモチーフにしたエレガントでいて個性光るデザインに。
靴づくりに欠かせない主要な道具たち。3年間使い続けただけあって、いい味わいになっている。
靴づくりに欠かせない主要な道具たち。3年間使い続けただけあって、いい味わいになっている。