Back Number

Real Voice of BFC Student 2015

服飾研究科
後藤満里絵
Marie Goto

名古屋芸術大学卒業

就職先:
四季株式会社
コスチュームデザイナー
後藤満里絵
後藤満里絵
好きな服
中世の民族衣装(伝統を感じさせる雰囲気が魅力で、うっとりしてしまいます)
尊敬する人物
石岡瑛子(創造力がすばらしい。あこがれのコスチュームデザイナーです)
マイコーディネイト
クラスのドレスコード登校日で赤が指定だったので、ヴィンテージワンピースを主役に中国の旧正月をイメージして。ラインストーン入りの腕時計は毎日肌身離さずつけています。
短期間で服づくりを学ぶので向上心のある人たちが多くて刺激的です。短期間で服づくりを学ぶので向上心のある人たちが多くて刺激的です。短期間で服づくりを学ぶので向上心のある人たちが多くて刺激的です。
ファッションリソースセンターのテキスタイル資料室にて。
日本各地の希少なテキスタイルが収められ、ライブラリーとして利用されている。
入学してすぐに制作したスカート。友達の描いた絵をプリントしたオリジナルテキスタイルを使用。
入学してすぐに制作したスカート。友達の描いた絵をプリントしたオリジナルテキスタイルを使用。
卒業制作作品。左右対象にし、西洋と東洋の要素を融合させたフォーマルウェアをつくり上げた。
卒業制作作品。左右対象にし、西洋と東洋の要素を融合させたフォーマルウェアをつくり上げた。
文化生の七つ道具である糸切りばさみ。他の人と間違われないようにハート型の巻尺もセットに。
文化生の七つ道具である糸切りばさみ。他の人と間違われないようにハート型の巻尺もセットに。
インスピレーションは本から得ることがほとんど。図書館は大好きでよく行く。
インスピレーションは本から得ることがほとんど。図書館は大好きでよく行く。
お気に入りの場所であるテキスタイル資料室には様々な資料がありつい長居してしまう。
お気に入りの場所であるテキスタイル資料室には様々な資料がありつい長居してしまう。
お気に入りの場所であるテキスタイル資料室には様々な資料がありつい長居してしまう。
Questions & Answers
この科の特徴は?
大学、短大、高等専門学校の卒業者を対象にした科で、一年間でデザインの発想から生産までの理論と技術を集中的に学びます。今まで異なる分野にいた人があらためてファッションの仕事に就きたいと思い集まっているので、年齢はバラバラですが、クラスメイトはみな向上心があり、考え方やデザイン、趣味などが多種多様で刺激的です。
文化服装学院を選んだ理由は?
祖母が仕立て屋をやっていたこともあり、私も小さい頃から独学で服をつくっていました。高校卒業後は美大に進学し油絵を専攻していましたが、在学中に舞台衣装を手がける機会があり、それがすごく楽しく、「私、こういう仕事がしたかったんだ!」と目覚めました(笑)。ファッションに疎い私でも文化の名前は知っていたので、見学してみることに。施設が充実していましたし、就職の求人も多く、また大きな学校だから友達もたくさんつくれるだろうなと思い、ここに決めました。
この科を選んだ理由は?
大学を卒業した後も少し働いていたので、文化で学ぶ期間は一年と決めていました。だからこの科は迷わず選択。とにかく一年間で服にまつわる様々なことを吸収できるカリキュラムに魅かれました。私は服づくりの経験が多少ありましたが、クラスメイトの中には針を持つことさえままならない人たちもいました。でも一年の終わりに近づくと、そういう人たちも服がつくれるようになるのですごいなと。やっぱり一年間という短い期間なので、意志の強さと集中力の高さは他の科に負けないくらいあると思います。
好きな授業は?
服装造形です。衣服がどのように作られるのかを一連の流れで学ぶことができ、座学で学んだことを実践することもできます。最初はスカート、ブラウスといったアイテム別で進み、途中で立体パターンの実習もあり、最後は卒業制作作品を仕上げていきます。とにかくハードで、先生も厳しいです。でも私は手を動かすことが好きなので、いつも楽しくてたまりませんでした。
思い出に残ったことは?
個人ではなかなか見学のできない工場に出かけたり、ファッションの第一線で活躍する方が特別講義をしてくださったりと、文化だからこそ実現するスペシャルで貴重な授業はとても勉強になりました。
学生生活で大切なことは?
とにかく一年間しかないので、気になるものはとことん挑戦し、スポンジのように吸収できることは吸収しようと心がけました。だから有志を集う課外活動にも積極的に参加しました。テレビやミュージシャンの衣装をチームで協力しながらつくったことは思い出深いです。課題も並行してやっていたので大変でしたが、実践的な作業が多く、授業では学べないことも身につきましたし、課題にはない達成感を得ることができました。他の科の学生や学院外の人たちとも交流が持てたことも大きな収穫です。文化には出会いのチャンスが多くあることをあらためて感じました。
将来の目標は?
第一希望の会社で念願のコスチュームデザインをすることが決まり、うれしい気持ちでいっぱいです。けれどここからが本番、夢を現実に結びつけてライフワークにしていけるように一生懸命がんばっていきたいです。
一日を円グラフで表すと?
円グラフ
毎日のやるべきことを最初にちゃんと決めてから計画的に動くようにし、課題はなるべく学校でやるようにしていました。学校のない日は舞台衣装の製作会社でインターシップに行っています。観劇や美術館巡りが趣味なので、時間があいたら出かけるようにしていました。
入学してすぐに制作したスカート。友達の描いた絵をプリントしたオリジナルテキスタイルを使用。
入学してすぐに制作したスカート。友達の描いた絵をプリントしたオリジナルテキスタイルを使用。
卒業制作作品。左右対象にし、西洋と東洋の要素を融合させたフォーマルウェアをつくり上げた。
卒業制作作品。左右対象にし、西洋と東洋の要素を融合させたフォーマルウェアをつくり上げた。
文化生の七つ道具である糸切りばさみ。他の人と間違われないようにハート型の巻尺もセットに。
文化生の七つ道具である糸切りばさみ。他の人と間違われないようにハート型の巻尺もセットに。
インスピレーションは本から得ることがほとんど。図書館は大好きでよく行く。
インスピレーションは本から得ることがほとんど。図書館は大好きでよく行く。
お気に入りの場所であるテキスタイル資料室には様々な資料がありつい長居してしまう。
気に入りの場所であるテキスタイル資料室には様々な資料がありつい長居してしまう。
お気に入りの場所であるテキスタイル資料室には様々な資料がありつい長居してしまう。
入学してすぐに制作したスカート。友達の描いた絵をプリントしたオリジナルテキスタイルを使用。
入学してすぐに制作したスカート。友達の描いた絵をプリントしたオリジナルテキスタイルを使用。
卒業制作作品。左右対象にし、西洋と東洋の要素を融合させたフォーマルウェアをつくり上げた。
卒業制作作品。左右対象にし、西洋と東洋の要素を融合させたフォーマルウェアをつくり上げた。
文化生の七つ道具である糸切りばさみ。他の人と間違われないようにハート型の巻尺もセットに。
文化生の七つ道具である糸切りばさみ。他の人と間違われないようにハート型の巻尺もセットに。
インスピレーションは本から得ることがほとんど。図書館は大好きでよく行く。
インスピレーションは本から得ることがほとんど。図書館は大好きでよく行く。
お気に入りの場所であるテキスタイル資料室には様々な資料がありつい長居してしまう。
お気に入りの場所であるテキスタイル資料室には様々な資料がありつい長居してしまう。
お気に入りの場所であるテキスタイル資料室には様々な資料がありつい長居してしまう。