Back Number

Real Voice of BFC Student 2015

Ⅱ部服装科
青木絵里子
Eriko Aoki

専門学校青山ファッションカレッジ卒業

就職先:
株式会社ヤングファッション研究所
デザイナー
青木絵里子
青木絵里子
好きなブランド
ヴィヴィアン ウエストウッド、ジョン ガリアーノ、マリメッコ(個性的なデザインが多くて見ているだけで楽しい)
好きな雑誌
装苑(ファッション以外にもアートやカルチャーもあり、デザインの参考になります)
マイコーディネイト
つくるのはカラフルで派手なほうが好きですが、自分自身は色を控えたシンプルな格好のほうが落ち着きます(笑)。ただそれだけだと寂しいので、パールのアクセサリーをプラスして女らしさをちょっと出してみました。
働きながら歳も経歴も違うクラスメイトと刺激し合える日々は貴重だと思います。働きながら歳も経歴も違うクラスメイトと刺激し合える日々は貴重だと思います。働きながら歳も経歴も違うクラスメイトと刺激し合える日々は貴重だと思います。
教室にて。
Ⅱ部服装科は昼間部のコースより少ない人数で授業を行うので広いスペースで作業ができる。
一年次の課題で手がけたスタンダードなシルエットのタイトスカート。
一年次の課題で手がけたスタンダードなシルエットのタイトスカート。
三年次には自分らしいデザインが出始め、課題で提出したコートにその成果が表れている。
三年次には自分らしいデザインが出始め、課題で提出したコートにその成果が表れている。
二年次に制作したジャケットとワンピース。縫製やパターンのレベルが向上しているのがわかる。
二年次に制作したジャケットとワンピース。縫製やパターンのレベルが向上しているのがわかる。
二年次に制作したジャケットとワンピース。縫製やパターンのレベルが向上しているのがわかる。
神社好きを生かしたデザインでつくり上げたセットアップ。満足のいく仕上がりに。
神社好きを生かしたデザインでつくり上げたセットアップ。満足のいく仕上がりに。
授業が始まる前は食堂で課題をしたりクラストメイトと会話をするのが日課。
授業が始まる前は食堂で課題をしたりクラストメイトと会話をするのが日課。
Questions & Answers
この科の特徴は?
服づくりを基本としてデザイン画、色彩、素材、ファッションビジネスのことまで幅広く学ぶことができます。学費が比較的安く、働きながら効率的に知識と技術を身につけられるところがこの科の良い所だと思います。日中は仕事をしている学生が多く、歳も経歴も様々な人たちと出会えるので楽しいです。
文化服装学院を選んだ理由は?
文化に入る前、服飾の専門学校に通っていたのですが、卒業間近にもっと服づくりを学びたい気持ちが出てきました。親と相談した結果、自分で学費を払うのであれば通ってもいいことに。文化を選んだのは、文化祭のファッションショーを見て衝撃を受けたからです。「私もこんな服をつくれるようになりたい!」と思いました。世界で活躍するデザイナーを輩出している実績と伝統があること、それと授業のカリキュラムと設備が充実している点も決め手となりました。
この科を選んだ理由は?
学費は自分で払わなければいけなかったので、学費が安く昼間働けるⅡ部であることが大前提でした。将来はデザイナーになりたい自分にとって服作りをしっかり学べるⅡ部服装科はぴったりでした。
好きな授業は?
服飾デザイン論。色がもたらす効果やイメージを学び、自分の色使いを発見することができます。私はカラフルでポップな色使いが好きなことが判明。そのほか、服装解剖学の授業も感心させられることが多くデザインする上ですごく役立っています。
思い出に残ったことは?
建築物からデザインヒントを得てのものづくりです。私は旅先では必ず神社を巡ります。建物に施された繊細で美しい装飾に惹かれるからです。それらをインスピレーション源にした作品を手がけた際、好きなものを形にするよろこびをすごく感じます。お気に入りは日光東照宮(笑)。最近だと仙台の瑞凰殿(ずいほうでん)が印象的でした。
学生生活で大切なことは?
Ⅱ部は夜遅く授業が終わります。私は朝早くから仕事もしていたので、何よりも体が資本で、体調管理を第一に考えていました。また、課題の提出期限を守ることで精神力が強くなり、先生の厳しいアドバイスを受けてもへこたれなくなりました。私は日中、ファッションブランドのショップ販売員として働いていたので、その経験は授業にも生かされましたし、その逆もしかり。ファッションの現場で実際に働きながら、同時にファッションを学ぶ。両方から得たことを両方で実践することができる環境はⅡ部の強みかもしれません。
将来の目標は?
まずは内定先の会社で担当するブランドをナンバーワンに成長させることです。自分がデザインした服でたくさんの人が笑顔になってくれたら。最終目標はオリジナルブランドをつくることです。
一日を円グラフで表すと?
円グラフ
日中はアルバイトをしているので、休みの日にまとめて課題を進めていました。課題が多い時は徹夜することも。授業中眠いときも時々ありました(笑)。
一年次の課題で手がけたスタンダードなシルエットのタイトスカート。
一年次の課題で手がけたスタンダードなシルエットのタイトスカート。
二年次に制作したジャケットとワンピース。縫製やパターンのレベルが向上しているのがわかる。
二年次に制作したジャケットとワンピース。縫製やパターンのレベルが向上しているのがわかる。
二年次に制作したジャケットとワンピース。縫製やパターンのレベルが向上しているのがわかる。
三年次には自分らしいデザインが出始め、課題で提出したコートにその成果が表れている。
三年次には自分らしいデザインが出始め、課題で提出したコートにその成果が表れている。
神社好きを生かしたデザインでつくり上げたセットアップ。満足のいく仕上がりに。
神社好きを生かしたデザインでつくり上げたセットアップ。満足のいく仕上がりに。
授業が始まる前は食堂で課題をしたりクラストメイトと会話をするのが日課。
授業が始まる前は食堂で課題をしたりクラストメイトと会話をするのが日課。
一年次の課題で手がけたスタンダードなシルエットのタイトスカート。
一年次の課題で手がけたスタンダードなシルエットのタイトスカート。
三年次には自分らしいデザインが出始め、課題で提出したコートにその成果が表れている。
三年次には自分らしいデザインが出始め、課題で提出したコートにその成果が表れている。
二年次に制作したジャケットとワンピース。縫製やパターンのレベルが向上しているのがわかる。
二年次に制作したジャケットとワンピース。縫製やパターンのレベルが向上しているのがわかる。
二年次に制作したジャケットとワンピース。縫製やパターンのレベルが向上しているのがわかる。
神社好きを生かしたデザインでつくり上げたセットアップ。満足のいく仕上がりに。
神社好きを生かしたデザインでつくり上げたセットアップ。満足のいく仕上がりに。
授業が始まる前は食堂で課題をしたりクラストメイトと会話をするのが日課。
授業が始まる前は食堂で課題をしたりクラストメイトと会話をするのが日課。