Back Number

Real Voice of BFC Student 2015

アパレルデザイン科
岩田真澄
Masumi Iwata

東京都立南平高等学校卒業

就職先:
株式会社フランドル
デザイナー
岩田真澄
岩田真澄
好きな音楽
Coldplay、One Direction、Queen、The Carpenters(声や曲調が好きなものばかりでよく聴いています)
好きなブランド
イッセイ ミヤケ(見ていてワクワクする服が多く、ショーの演出も凝っているからです。実はデザイナーの宮前義之さんは私たちの科の先輩。以前、講演にいらした際、とても優しく接してくれました)
マイコーディネイト
二年次に課題でつくったレザーのスカートをポイントに。素材を生かしてアシンメトリーのシルエットにしています。満足にいく出来上がりで、今もよく履いています。
常にクリエーションに触れられ、自分の感性を磨くことができます。常にクリエーションに触れられ、自分の感性を磨くことができます。常にクリエーションに触れられ、自分の感性を磨くことができます。
教室の廊下にて。
ほとんどの授業が制作なので、教室の中にとどまらず廊下にまでミシンを置いて作業する学生も。様々な種類のマネキンが並んでいるのもおなじみの光景。
一年次に制作したブラウス&スカート。教科書通り的なシンプルパターンで初々しい雰囲気。
一年次に制作したブラウス&スカート。教科書通り的なシンプルパターンで初々しい雰囲気。
三年次に手がけたコートは曲線のパターンを多く使用。テクニックの高さと成長を感じられる。
三年次に手がけたコートは曲線のパターンを多く使用。テクニックの高さと成長を感じられる。
奈良県とのコラボレーション企画で、同じ科の友達と四苦八苦して制作した思い出の作品。帽子・ジュエリーデザイン科との共同作品でもある。春日大社の屋根の形からインスパイアされている。
奈良県とのコラボレーション企画で、同じ科の友達と四苦八苦して制作した思い出の作品。帽子・ジュエリーデザイン科との共同作品でもある。春日大社の屋根の形からインスパイアされている。
奈良県とのコラボレーション企画で、同じ科の友達と四苦八苦して制作した思い出の作品。帽子・ジュエリーデザイン科との共同作品でもある。春日大社の屋根の形からインスパイアされている。
アパレル染色室はお気に入りの場所。在中する染色の先生にいつも癒されていたそう。
アパレル染色室はお気に入りの場所。在中する染色の先生にいつも癒されていたそう。
アパレル染色室はお気に入りの場所。在中する染色の先生にいつも癒されていたそう。
群馬県桐生市のテキスタイルメーカーとのコラボ企画で制作。紅葉をテーマに色の妙を表現した。
群馬県桐生市のテキスタイルメーカーとのコラボ企画で制作。紅葉をテーマに色の妙を表現した。
Questions & Answers
この科の特徴は?
自分の中にあるアイディアを最大限に生かし、服づくりすることで様々な技術や知識をトータルで学ぶことができます。皮革、毛皮、伸縮素材など様々な素材を使い、機能服や水着など幅広いアイテムを制作していきます。技術面以上に、創造力やセンスが磨かれていくことが重要で、自分のつくりたいものを自由につくれる点は他の科に比べると優先されているかもしれません。自分自身の好みも見つけやすく、クラスメイトの個性に刺激されることが多いのも、この科のよさだと思います。
文化服装学院を選んだ理由は?
伝統や実績などから文化に行くことは決めていたのですが、高校が進学校だったこともあり、先生からは大学進学をすすめられ迷っていました。でも文化の文化祭でファッションショーを見て、服のデザインや質の高さに感動し迷いは吹っ切れました。ここでデザインや技術的なことを学びたい!と強く思いました。
この科を選んだ理由は?
1年次のファッション工科基礎科から二年次に進む際にコース選択をするのですが、正直すごく迷いました。でも私の場合、寸法に関することなど、より技術面にフォーカスした服のつくり方ではなく、自分のつくりたいものを自由につくりたい気持ちのほうが大きかったのでアパレルデザイン科に進級しました。1年次はただ言われた通りの典型的なパターンしかつくれませんでしたが、二年次、三年次に進むにつれて様々なパターンを見たことで、自分の中の引き出しが増えて、クリエーション能力が上がったのは確かです。
好きな授業は?
アパレルデザイン、まさにつくる授業です。立体裁断を学んでからデザインの幅が劇的に広がりました。パターンをつくるだけでも一苦労だった一年次の自分を振り返ると成長を感じます。わからない時は先生が実際に布で実践してくれたり、パターンを使って説明してくれるので、一つ一つの作品で得ることがたくさんありました。
思い出に残ったことは?
三年次に奈良県とのコラボレーション企画で友達と二人で3体作品を手がけましたが、素材を加工したり、染色したり、肩パッドをつくったり、装飾を施したりと、プロセスがものすごくあり過ぎて、何度も投げ出したい気持ちになってしまいました。でもまわりの友達や先生に支えられて無事に完成することができ、本当にうれしかったです。あの時、友達と一緒に号泣しました(笑)。あとはひたすら課題に追われる日々も思い出です。三日間連続徹夜して仕上げた作品もありましたね。それと二年次に何も考えられないスランプの時期もあり、少し服づくりから離れて地元の友達と遊んで頭の中をリセットしたことも……。今となっては良い思い出です(笑)。
学生生活で大切なことは?
文化で学ぶことは自分のやる気次第で大きく変わります。そういう意味でも漠然ではなく明確な目標を持つことが大事です。私は素材の授業を通して日本のテキスタイル業界を活性化させたいと思うようになってから学ぶ姿勢が変わりました。目標がはっきりしたことでやる気が出たと思います。だから自分の中の「好き」という気持ちにちょっとでも反応したら、それに対してもう一歩突っ込んで、自分の求めているものを見つけるようにしています。それと自分がデザイナーを目指すうえで伝達力を向上させることも必須。自分の描いたデザイン画を人に見せて伝えることは、つくると同じくらい難しいです。受け止め方は人によって全然違う。就職試験でも自分のデザイン画を試験官に説明するテストがあるほど。学生のうちから人に伝えることを考えることで将来が開けるのかなと思います。
将来の目標は?
服づくりを通して日本のテキスタイル業界を活性化させることです。就職先は日本のテキスタイルをすごく大事にしています。そこがこの会社に入りたいと思った一番の動機です。世界に誇れる優秀なテキスタイルは日本に多く存在するので、それらを積極的に取り入れ、ゆくゆくは日本のファッション業界の質を上げられたら。まずは会社の人たちに自分がつくったものを認められるように努めたいです。
一日を円グラフで表すと?
円グラフ
オンとオフのメリハリをつけるように気をつけています。集中力がそんなに長く続かないタイプなので、5分間だけ寝てリフレッシュすることもしばしば。実家通いで学校まで2時間ほどかかるので、電車やバスでの移動時間は睡眠に費やし、学校では多くの作業ができるように準備をしていました。
一年次に制作したブラウス&スカート。教科書通り的なシンプルパターンで初々しい雰囲気。
一年次に制作したブラウス&スカート。教科書通り的なシンプルパターンで初々しい雰囲気。
三年次に手がけたコートは曲線のパターンを多く使用。テクニックの高さと成長を感じられる。
三年次に手がけたコートは曲線のパターンを多く使用。テクニックの高さと成長を感じられる。
群馬県桐生市のテキスタイルメーカーとのコラボ企画で制作。紅葉をテーマに色の妙を表現した。
群馬県桐生市のテキスタイルメーカーとのコラボ企画で制作。紅葉をテーマに色の妙を表現した。
奈良県とのコラボレーション企画で、同じ科の友達と四苦八苦して制作した思い出の作品。帽子・ジュエリーデザイン科との共同作品でもある。春日大社の屋根の形からインスパイアされている。
奈良県とのコラボレーション企画で、同じ科の友達と四苦八苦して制作した思い出の作品。帽子・ジュエリーデザイン科との共同作品でもある。春日大社の屋根の形からインスパイアされている。
奈良県とのコラボレーション企画で、同じ科の友達と四苦八苦して制作した思い出の作品。帽子・ジュエリーデザイン科との共同作品でもある。春日大社の屋根の形からインスパイアされている。
アパレル染色室はお気に入りの場所。在中する染色の先生にいつも癒されていたそう。
アパレル染色室はお気に入りの場所。在中する染色の先生にいつも癒されていたそう。
アパレル染色室はお気に入りの場所。在中する染色の先生にいつも癒されていたそう。
一年次に制作したブラウス&スカート。教科書通り的なシンプルパターンで初々しい雰囲気。
一年次に制作したブラウス&スカート。教科書通り的なシンプルパターンで初々しい雰囲気。
三年次に手がけたコートは曲線のパターンを多く使用。テクニックの高さと成長を感じられる。
三年次に手がけたコートは曲線のパターンを多く使用。テクニックの高さと成長を感じられる。
奈良県とのコラボレーション企画で、同じ科の友達と四苦八苦して制作した思い出の作品。帽子・ジュエリーデザイン科との共同作品でもある。春日大社の屋根の形からインスパイアされている。
奈良県とのコラボレーション企画で、同じ科の友達と四苦八苦して制作した思い出の作品。帽子・ジュエリーデザイン科との共同作品でもある。春日大社の屋根の形からインスパイアされている。
奈良県とのコラボレーション企画で、同じ科の友達と四苦八苦して制作した思い出の作品。帽子・ジュエリーデザイン科との共同作品でもある。春日大社の屋根の形からインスパイアされている。
アパレル染色室はお気に入りの場所。在中する染色の先生にいつも癒されていたそう。
アパレル染色室はお気に入りの場所。在中する染色の先生にいつも癒されていたそう。
アパレル染色室はお気に入りの場所。在中する染色の先生にいつも癒されていたそう。
群馬県桐生市のテキスタイルメーカーとのコラボ企画で制作。紅葉をテーマに色の妙を表現した。
群馬県桐生市のテキスタイルメーカーとのコラボ企画で制作。紅葉をテーマに色の妙を表現した。