Back Number

Real Voice of BFC Student 2015

アパレル技術科
生産システムコース
阿多野楓子
Fuko Adano

岐阜県立飛騨高山高等学校卒業

就職先:
田村駒株式会社
生産管理
阿多野楓子
阿多野楓子
好きなブランド
スリーピージョーンズ(NY発のパジャマブランド。脱力感がありつつクールなところに興味を持っています)
好きなモデル
ハンネ・ギャビー・オディール、KOuKA(モデルウォッチングが趣味。ボーイッシュな子にあこがれます)
マイコーディネイト
だんだんメンズっぽいリラックスした格好をするようになりました。よく物をなくすので、定規など授業で欠かせない道具はネックレスにしてぶらさげるのがお決まりです。
海外の生産システムに興味を持ったのがはじまり。海外の生産システムに興味を持ったのがはじまり。海外の生産システムに興味を持ったのがはじまり。
生産管理実習室にて。
実際の縫製工場で使われている工業用ミシンやコンピュータ自動裁断機などがずらりと並んでいる。ここで大量生産の仕組みを実践しながら学ぶ。
一年次の課題でつくった部分縫い。切り込みが見えていたりと、技術面ではまだ甘さが見られる。
一年次の課題でつくった部分縫い。切り込みが見えていたりと、技術面ではまだ甘さが見られる。
一、二年次の師範を記したノート。これを見たら何でも分かる虎の巻のような一冊になっている。
一、二年次の師範を記したノート。これを見たら何でも分かる虎の巻のような一冊になっている。
二年次に制作したブラウスとパンツ。タックを入れ、美しいフレアを出すのが難しかったそう。
二年次に制作したブラウスとパンツ。タックを入れ、美しいフレアを出すのが難しかったそう。
三年次、卒業研究で手がけたリラックスウェア。パターンや価格、納期などもまとめて発表した。
三年次、卒業研究で手がけたリラックスウェア。パターンや価格、納期などもまとめて発表した。
三年次、卒業研究で手がけたリラックスウェア。パターンや価格、納期などもまとめて発表した。
三年次、卒業研究で手がけたリラックスウェア。パターンや価格、納期などもまとめて発表した。
三年次、卒業研究で手がけたリラックスウェア。パターンや価格、納期などもまとめて発表した。
教室でクラスメイトと。授業も放課後もいつもここで一緒に過ごす、かけがえのない仲間。
教室でクラスメイトと。授業も放課後もいつもここで一緒に過ごす、かけがえのない仲間。
Questions & Answers
この科の特徴は?
大量生産のシステムを技術面とビジネス面の両方から学んでいきます。手作業を減らすための仕様の検討、原価、納期など、服を作品ではなく製品としてとらえることが重要。今は海外生産が主流なので、貿易についても学びます。社会に出て即戦力となるような内容の濃いカリキュラムが組まれているのが特徴です。
文化服装学院を選んだ理由は?
ファッションが好きで服づくりを学びたいと思い、高校の先生に相談したところ、ここを勧められました。実際に足を運び、充実した設備や就職状況、卒業生の活躍ぶりなどを知り、入学を決意。まだその時は自分がどんな職業に就きたいのか分かりませんでしたが、2年間だけでは自分の性格上マスターできないと思い、また専門的なスキルを身につけたかったので3年コースのファッション工科専門課程を選びました。
この科を選んだ理由は?
ファッション工科基礎から二年次に進む際にアパレル技術科を選択しました。パタンナーを目指そうかなと当初は思っていましたが、途中から私はパタンナーには向いていないと悟りました。同時に、海外での大量生産がスタンダードになっている今、そういう工場ではどんな人がどのようにして服をつくっているのか興味を持ち始めてもいました。海外での仕事にもあこがれがあったので、先生とも相談し三年次から生産システムコースへ。結果、よかったと思います。二年次のアパレル技術科で得たパターン知識と仕様も存分に生かすことができましたし、海外生産のシステムにもっと興味を持ちました。
好きな授業は?
ニット生産実習。カットソーは一、二年次では扱わなかった素材だったので、生産管理実習室で専用のミシンを使って縫う作業は楽しかったです。特に、リラックスウェア好きなのでパーカーをつくった際はワクワクしました。またニ年次の企業研修では実際の機械を動かしたり、現場の人の生の声が聞けたりと、勉強になることがたくさんありました。
思い出に残ったことは?
仲間、先生との出会いです。入学当初は予想以上に課題が多く、先生も厳しく、ブルーな気持ちでいっぱいでした。それでも時が経つにつれて、クラスメイトと仲良くなり、厳しい先生とも心を通わせるようになっていきました。困った時はいつもみんなが助けてくれました。みんながいなければ私は今ここにいない気がします。クラスメイトとは三年次の冬休みに一緒にニューヨークに行きました。感動を共有することができ、本当にうれしかったです。貴重な仲間と貴重な思い出がたくさんできたこと、文化に入って心からよかったと感じています。
学生生活で大切なことは?
自分で考えて答えを出すこと。私は人にすぐ質問する癖がありました。入学当初は服をつくったことが全くなかったこともあり、先生にずっと質問ばかりして困らせていたと思います……。でも次第に服がつくれるようになり、知識が身についてくると、まずは自分で考えることをするようになったんです。自分で考えて自分なりの意見や答えを出すことの大切さをここで教わりました。とはいえ、まだつい質問しちゃいますが、以前よりも回数は確実に減っています。少しは成長したかなと思っています。
将来の目標は?
国内外の様々な人と交流しながら、より良い環境で、たくさんの人たちに向けた服づくりができたらいいなと思っています。そのためにも就職先で海外生産のシステムや貿易についてもっと勉強し、貢献できるように努めていきたいです。
一日を円グラフで表すと?
円グラフ
体が資本、しっかり寝るように心がけました。あとは、しめきり日時から逆算してスケジュールを立て、今すべきことを考えるようにしています。ファストファッションの店でアルバイトもしていました。社会常識やマナーを学んだことは大きかったですし、生産管理の流れも少し見られたのもよかったです。
一年次の課題でつくった部分縫い。切り込みが見えていたりと、技術面ではまだ甘さが見られる。
一年次の課題でつくった部分縫い。切り込みが見えていたりと、技術面ではまだ甘さが見られる。
一、二年次の師範を記したノート。これを見たら何でも分かる虎の巻のような一冊になっている。
一、二年次の師範を記したノート。これを見たら何でも分かる虎の巻のような一冊になっている。
二年次に制作したブラウスとパンツ。タックを入れ、美しいフレアを出すのが難しかったそう。
二年次に制作したブラウスとパンツ。タックを入れ、美しいフレアを出すのが難しかったそう。
三年次、卒業研究で手がけたリラックスウェア。パターンや価格、納期などもまとめて発表した。
三年次、卒業研究で手がけたリラックスウェア。パターンや価格、納期などもまとめて発表した。
教室でクラスメイトと。授業も放課後もいつもここで一緒に過ごす、かけがえのない仲間。
教室でクラスメイトと。授業も放課後もいつもここで一緒に過ごす、かけがえのない仲間。
生産管理実習室。他の学校ではなかなか見られない最新機器がそろっている。
生産管理実習室。他の学校ではなかなか見られない最新機器がそろっている。
生産管理実習室。他の学校ではなかなか見られない最新機器がそろっている。
一年次の課題でつくった部分縫い。切り込みが見えていたりと、技術面ではまだ甘さが見られる。
一年次の課題でつくった部分縫い。切り込みが見えていたりと、技術面ではまだ甘さが見られる。
一、二年次の師範を記したノート。これを見たら何でも分かる虎の巻のような一冊になっている。
一、二年次の師範を記したノート。これを見たら何でも分かる虎の巻のような一冊になっている。
二年次に制作したブラウスとパンツ。タックを入れ、美しいフレアを出すのが難しかったそう。
二年次に制作したブラウスとパンツ。タックを入れ、美しいフレアを出すのが難しかったそう。
三年次、卒業研究で手がけたリラックスウェア。パターンや価格、納期などもまとめて発表した。
三年次、卒業研究で手がけたリラックスウェア。パターンや価格、納期などもまとめて発表した。
三年次、卒業研究で手がけたリラックスウェア。パターンや価格、納期などもまとめて発表した。
三年次、卒業研究で手がけたリラックスウェア。パターンや価格、納期などもまとめて発表した。
三年次、卒業研究で手がけたリラックスウェア。パターンや価格、納期などもまとめて発表した。
教室でクラスメイトと。授業も放課後もいつもここで一緒に過ごす、かけがえのない仲間。
教室でクラスメイトと。授業も放課後もいつもここで一緒に過ごす、かけがえのない仲間。